芸人コメンテーター、評判がいいのは? 「でしゃばりすぎ」と冷ややかな声集める芸人も

芸能ネタ 2019年09月21日 20時00分

芸人コメンテーター、評判がいいのは? 「でしゃばりすぎ」と冷ややかな声集める芸人もカンニング竹山

 テレビにおいて顕著に見られる現象がお笑い芸人の文化人化だろう。ワイドショーなどでのコメンテーターの席が定着してしまった人物である。「芸人が社会や政治を語るな」といった、そもそも論的な批判もある。その代表格とも言えるのが、カンニング竹山だろう。

 竹山は『直撃LIVE グッディ!』『ノンストップ!』(ともにフジテレビ系)のほか、『白熱ライブビビット』(TBS系)にコメンテーターとしてレギュラー出演している。さらに、ネット番組『カンニング竹山の土曜TheNIGHT』(AbemaTV)にも出演している。この枠はウーマンラッシュアワーの村本大輔がかつて受け持っており、言わば文化人化するお笑い芸人枠とも言えるかもしれない。カンニング竹山は自分の体験や本音をベースとして語るスタイルに定評がある。怒りをにじませることもあり、そこはかつての「キレ芸」を彷彿とさせる。ただ、正論系の意見も多く、竹山が持っていた毒気がかつてより薄れてしまったと見る声もある。本人もその自覚はあるのか、毎年1回のライブ「放送禁止」シリーズを続けている。そこで、コメンテーターと芸人、双方のバランスを保っているのかもしれない。

 竹山が関東系の文化人化芸人の代表格ならば、関西系を代表する存在がたむらけんじだろう。複数のワイドショー、情報系番組に出演しており、『探偵! ナイトスクープ』『松本家の休日』(ともに朝日放送系)といった、バラエティの仕事を上回っている。闇営業問題では涙を見せたことも話題となった。ただ、芸人仲間に仮想通貨投資を勧め、大損させるといった問題がなかったことにされている印象も否めない。さらに、実業家としての顔を持つたむらは、政財界にも顔が利き、「将来の政界進出を控えての顔売り期間?」と冷ややかに見る声もある。

 テレビへの露出は少ないが、ネット上で「炎上評論家」となりつつあるのが、スマイリーキクチである。ただ、彼の場合は、長年に渡ってインターネット上で誹謗中傷を受けた経験を持ち、『突然、僕は殺人犯にされた』(竹書房)といった著書も上梓している。現在はネット炎上にまつわる講演会活動なども手がけている。そちらの比重が高まるのは仕方なく、世の中の健全化のために必要な仕事でもあろう。それでも、最近は「広くネットが絡む時事ニュース全般」に一言物申すようになっており、「さすがにでしゃばりすぎ?」といった意見も見られる。

 もちろん、それぞれに需要があるゆえに、芸人は文化人化するのだろうが、芸人本来の魅力であるネタで、「人を笑わせる」姿を見てみたい思いがあるのも確かである。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る