『なつぞら』、前週メインだった映画がお蔵入り? 「何の説明もなく…」視聴者からツッコミ殺到

芸能ニュース 2019年07月23日 15時20分

『なつぞら』、前週メインだった映画がお蔵入り? 「何の説明もなく…」視聴者からツッコミ殺到広瀬すず

 NHK連続テレビ小説『なつぞら』の第98回が23日に放送された。第98回は、なつ(広瀬すず)、茜(渡辺麻友)、坂場(中川大志)がテレビアニメ班への異動を命じられるも、坂場が仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)たちに東洋動画のテレビアニメに対する姿勢を問うという展開。坂場はなつの前で自身の現状を嘆き――という展開が描かれた。

 前週から4年が経ち、なつは東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとして雑誌の取材を受けるまでになったが、視聴者からはあるツッコミの声が聞かれているという。

 「前週では、なつたちが短編映画の制作に懸命に取り組んでいましたが、この日、坂場がなつに『僕はもう……漫画映画を作れないだろうな』と弱音を吐く中で、『僕たちの作った短編映画だっていまだにお蔵入りしたまま。長編映画の付録として劇場にかけられることもないだろう』と、上映されることなくお蔵入りになってしまったことが明かされました。しかし、まったくその兆候もなく、アフレコまで済ませた作品のお蔵入りに、視聴者からは『なんでお蔵入り!?』『あんなに人件費も制作費も掛けた映画をお蔵入り…?東洋動画は随分余裕あるんだね』『大した理由もなく、何の説明もなくお蔵入りってどういうことなの』という驚きの声が殺到しています」(ドラマライター)

 22日放送の第97回では、なつが受けた取材が掲載された雑誌に「三四年の短編映画『ヘンゼルとグレーテルと魔法の森』では、台本のイメージからキャラクターを作り上げ、動きを動画担当に指示する原画を担当」という文字があったが――。

 「この短編映画で原画を担当したことで、取材が来たという設定にも関わらず、短編映画が世に出ていなかったということで、『雑誌の人はどうやってなつのことを知ったの?』『なつはいったい何で認められたのか…』というツッコミも集まってしまいました。また、短編映画が完成したことで、なつの原画の先輩である麻子(貫地谷しほり)が『仕事に満足したから結婚してもいいと思えたの』と、結婚退職していきましたが、これについても『麻子さんはいったい何に満足したの?』『なつを東洋動画初の女性原画マンにするための当て馬だったか』などの声が聞かれてしまいました」(同)

 ヒロインへの批判に加え、ストーリーの整合性も取れなくなってしまった『なつぞら』。視聴者からは脚本に幻滅した声なども多く聞かれていた。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る