たけしの弟子もM−1王者も…身内にいたLGBT

芸能ニュース 2018年10月28日 21時40分

 セクシャルマイノリティ・LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)を取り巻く環境が、日進月歩のスピードで変化している。性の多様性が唱えられているが、現在のように過ごしやすい世の中になる何年も前、有名お笑いタレントが親族に同性愛者がいることをカミングアウトしている。浪速の兄弟漫才師で、初代M-1王者の中川家もそんな1組だ。

 「剛さん(兄)と礼二さんのお父さんの弟さん、つまり叔父さんの“タカシさん”が、おかまなんです。昼間は、タクシードライバー。でも、夜になるとオネエという本来の顔を出して、ゲイバーを経営していたそう。店名は、『木』を4つ書いて『ジャングル』(笑)」

 家に招かれた礼二は、当時67歳だった叔父に年上の彼氏がいることを知った。寝室をのぞくと、「YES・NO枕」が置かれていた。これは、片面に「YES」、裏面に「NO」と書かれた枕で、テレビ番組の『新婚さんいらっしゃい!』(朝日放送)で新婚の出演者に渡されて有名になった。夫婦の営みの返事をYES・NOで示し、パートナーに見せるものだ。礼二が訪れた日は、「NO」の面だった。

 ちなみに現在、叔父の伴侶は他界。70歳を過ぎて、寂しい老後を送っている。

 西が中川家なら、東は浅草キッド・玉袋筋太郎だ。ビートたけしの熱狂的なファンでたけし軍団入りを認められ、今春、たけしが自ら創設したオフィス北野を退社・独立するまで、殿に仕えたひとりである。出自は東京都新宿区西新宿である。

 父・正行さん(故人)は麻雀店を経営していたが、ゲイバーに移り変わったことを知ったのは、玉袋少年が中学2年生のとき。店をのぞくと、セーラー服に身を包んだ父がおり、「男の職場に子どもが来るんじゃない」と一喝された。ちなみに、真性ゲイではなく、営業ゲイ。……のはずだが、両親がキッドのライブを観に来たとき、父が一緒に来たすし屋の大将と手をつないでいたという。

 中川家も玉袋も、実体験を活動の糧にしているのは、さすが芸人だ。

(伊藤雅奈子)

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る