パチンコ機メーカー大手「フィールズ」、押尾騒動でK-1から遁走!?

スポーツ 2009年12月28日 14時00分

 わが国発のメジャー格闘技団体「K-1」。このK-1を資金面で永きにわたって支え続けてきたのが、大手パチンコ機メーカーの「フィールズ」だ。

 K-1の運営会社「FEG」が主催する大晦日格闘技イベント『Dynamite!!』の冠スポンサーとして賑やかな年の瀬を演出するだけでなく、K-1ファイターを全面に押し出したパチンコ台をプロデュースするなど、フィールズがK-1の大スポンサーとしてニッポン格闘技界の発展に貢献してきたのは、ファンなら誰もがご存じのことだろう。

 しかし最近、K-1のリングからフィールズの影が薄くなってきているのだ。それが顕著だったのが12月5日に横浜アリーナで開催されたヘビー級GP決勝戦。これまでならば、試合前と休憩中にフィールズ製パチンコ機のCMが巨大モニターにこれでもかとバンバン流れるのが通例だったが、今年のGP会場ではフィールズ製品の大プッシュが行われることもなく、会場で生観戦した多くの事情通が「やはりフィールズはK-1から撤退するのか…!?」と色めき立った。いったいなぜ、K-1会場からフィールズ色が消えたのか。

 「押尾学ですよ。フィールズといえば、押尾のタニマチとしても知られてますよね? これまでにもフィールズの山本俊英会長と押尾が、K-1会場の最前列で仲良く並んで観戦しているのが、何度も目撃されています。一連の押尾騒動によって、彼と山本会長の関係が一部メディアで取り沙汰されたことによって、フィールズは今の時期、表に積極的に出ることを極度に恐れているんでしょうね」(某スポーツライター談)

 一時は『Dynamite!!』での格闘家デビューも噂された押尾。まさかこのような形で、彼の存在が格闘技界の勢力分布図を塗り替えることになるとは、誰が予想し得たであろうか。

ピックアップ
スポーツ新着記事

プロレスラー世界遺産 伝説のチャンピオンから未知なる強豪まで── 「船木誠勝」“最後のサムライ”あまりに純粋な行動原理
2019年07月16日 23時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る