今後のブレークは期待大? 中日・柳が交流戦最優秀防御率を獲得

スポーツ 2019年06月26日 11時40分

今後のブレークは期待大? 中日・柳が交流戦最優秀防御率を獲得画像はイメージです

 25日に全日程が終了した交流戦でセ・リーグ3位、全体では8位となる「8勝10敗・勝率.444」を残した中日。そのチームで奮闘を見せたのが、プロ3年目のシーズンを戦う柳裕也だ。

25歳の右腕は3試合に登板し、「3勝0敗・防御率1.17・24奪三振」をマーク。全12球団の好投手がしのぎを削る交流戦において、見事最多勝(他に4名)と最優秀防御率の二冠に輝いた。

 交流戦を含めたシーズン成績は「8勝2敗・防御率3.13・79奪三振」と、既に昨年までの勝ち星(1年目1勝・2年目2勝)を上回っている柳。今シーズンを機に、本格的なブレークを果たす可能性は十分にあるといえるだろう。

柳の覚醒が濃厚なことは、これまでの“タイトルホルダー”たちも証明している。過去5年の交流戦で最優秀防御率に輝いた5名の内4名が、同年に2ケタ勝利をクリアする活躍を見せているからだ。

 2014年に最優秀防御率に輝いた則本昂大(楽天)は、この年「14勝10敗・防御率3.02・204奪三振」をマークし、最多奪三振のタイトルを獲得。同年からメジャーに移った田中将大(ヤンキース)の後を継ぎ、エースとしてチームを牽引した。

 昨年からメジャーで戦う大谷翔平(当時日本ハム/現エンゼルス)、マイコラス(当時巨人/現カージナルス)の両名は、前者が2016年、後者が2017年にそれぞれタイトルを獲得。その後、大谷は「10勝4敗・防御率1.86・174奪三振」でシーズンMVP、マイコラスは「14勝8敗・防御率2.25・187奪三振」で最多奪三振を手中に収めた。

 昨年の該当選手である菊池雄星(当時西武/現マリナーズ)は、「14勝4敗・防御率3.08・153奪三振」をマーク。チームの10年ぶりとなるリーグ制覇に貢献し、今年からはメジャーに活躍の場を移している。

 唯一2ケタを挙げていない2015年のメッセンジャー(阪神/同年は9勝)も、翌年からは3年連続で2ケタをクリアしている。今回の柳も、こうした先人たちに続くような数字を残すことが大いに期待できるといえるだろう。

文 / 柴田雅人

ピックアップ
スポーツ新着記事

広島 2度のV確率0%裏にある菊池涼介、田中広輔「FA問題」
2019年07月19日 12時03分

石川佳純の海外遠征に帯同する可愛いパートナーは…
2019年07月18日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る