『ラジエーションハウス』特別編がほぼ“総集編”?「やる意味ない」と視聴者から落胆の声

芸能ニュース 2019年06月25日 15時05分

『ラジエーションハウス』特別編がほぼ“総集編”?「やる意味ない」と視聴者から落胆の声窪田正孝

 月9ドラマの特別編『ラジエーションハウス特別編〜旅立ち〜』(フジテレビ系)が24日に放送され、平均視聴率が15.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。17日に放送された最終回の13.8%からは1.8ポイントのアップとなり、シリーズ最高視聴率を記録した。

 「特別編」では、アメリカに旅立った唯織(窪田正孝)が、飛行機の上で急患に遭遇するというストーリー。一方、甘春総合病院のラジエーションハウスには、有名高校球児が患者として訪れ――という展開が描かれた。

 近年のドラマとしては、まれに見ぬ高視聴率を記録した本作だったが、放送後、視聴者からは、「これやる意味ないと思う」「最終回前にやるダイジェストみたいな内容でビックリした」など厳しい声が噴出してしまった。

 「実は、特別編とはいえ新映像は少なく、放送時間の2時間弱の半分以上は回想シーンで構成されていました。唯織は飛行機の中なので、もちろんCTやMRI検査もなく、居合わせた医師とともにただ急患の診断をするというもの。これに、視聴者からは、『なぜこれを放送しようと思ったのか本気で疑うクオリティ』『放送終了1年後にやってたら懐かしがりながら見れたけど、終わったの先週じゃん!』『久々ハマったドラマでここに来てズッコケた!』という批判の声が殺到してしまいました」(ドラマライター)

 最終回の翌週に特別編が放送されているという異例のケースだが、その背景にはある理由があったという。

 「第4話を除いて2ケタ視聴率をキープし、全話平均視聴率も12.1%と高い数字を記録した本作。続編を望む声も多くあるものの、主演の窪田は20年度前期の朝ドラで主演を務めることが決定しており、続編を撮影するには厳しい状況。とはいえ、数字が良かっただけになんとか特別編を作ろうとした結果、新映像が少なく回想ばかりという仕上がりになってしまったのではないでしょうか」(同)

 視聴者からの評判も高い作品であっただけに、最後の最後で残念な結果になってしまったようだ。

ピックアップ

グレタさんに「絶望のどん底に叩き落とし…」ラノベ作家の発言にファンもドン引き 仕事仲間からも批判
2019年12月09日 18時00分 [芸能ニュース]

芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る