『キングオブコント2011』トリオの力でロバートが圧勝

芸能ニュース 2011年09月24日 17時59分

 『キングオブコント2011』決勝戦が23日に開催され、お笑いトリオ・ロバートが優勝した。『キングオブコント』決勝戦では2回のネタ披露の合計点で順位を決めるが、ロバートは2回とも首位を獲得し、安定感のある優勝となった。

 決勝戦に残ったファイナリストはトップリード、TKO、ロバート、ラブレターズ、2700、モンスターエンジン、鬼ヶ島、インパルスの8組。彼らが披露するネタを準決勝進出者(セミファイナリスト)の100人が採点する。

 ロバートが1本目で披露したネタは役者への取材話である。ロバートらしい安定したネタが942点という圧倒的な高得点を弾き出した。しかし、点数では934点と劣るものの、むしろ2本目のネタがロバートの優勝に文句を付けられないものとした。

 2本目は自動車修理工場のネタである。山本博が自動車の修理を依頼した顧客、馬場裕之が自動車工場の社長、秋山竜次が「おしゃべりのシゲ」と呼ばれる従業員である。山本が秋山の暴走に振り回される点は他のロバートのネタと同じであるが、ラストでは山本と馬場のポジションが逆転する。

 1本目のネタでは秋山のキャラが突出し、馬場は秋山のアクセサリー的存在に過ぎなかった。これに対して最後に攻守を逆転させた2本目はトリオの醍醐味を出している。それはストーリーにアクセントを付け、同じパターンの繰り返しによるマンネリ化の回避にもなる。

 この攻守逆転の面白さは惜しくも3位になったモンスターエンジンとも共通する。モンスターエンジンの2本目のネタはアトラクションのアルバイトの話である。先輩が新人にダメ出しするが、最後は新人がブチ切れするという逆転劇が用意されていた。

 結末の逆転という点では前回の『キングオブコント2010』で優勝したキングオブコメディも同じである。キングオブコメディが前回2本目に披露したネタは自動車教習所の教官と教習生のコントで、教官の指示に教習生がボケ倒すというオーソドックスなものであった。ところが、ラストはデタラメな言動をしていた教習生の運転技量が中々のものだったというサプライズとなった。

 『キングオブコント2011』では審査される側の芸人が審査員になるという独特の審査システムを採用している。そのために演者自身が「何が面白いか分からない」という2700の「キリンスマッシュorキリンレシーブ」のリズム系ネタが925点になるなど、シュールなネタが意外な高得点を獲得していた。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る