search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 引退宣言の吉澤ひとみ被告、“一夜限定復帰”の可能性があり得る?

引退宣言の吉澤ひとみ被告、“一夜限定復帰”の可能性があり得る?

pic pic

吉澤ひとみ

 飲酒状態でのひき逃げ事故を起こしたとして逮捕起訴された吉澤ひとみ被告が、芸能界からの引退を発表した。2018年はモーニング娘。のメジャーデビュー20周年のメモリアルイヤーであり、吉澤被告もグループOGとして、各コンサートへ出演していた。

 12月に発売予定のDVDは、吉澤被告の出演シーンをカットして発売される。気になるのはモーニング娘。における今後の吉澤被告の扱いだろう。

 「モーニング娘。はOG数も多いですから、テレビなどで取り上げられることも多いでしょう。その場合、過去の写真や映像も多く使われますが、そこでの吉澤被告の扱いがどうなるかが気になるところですね。芸能界を引退して本人が望まない場合、ぼかしがかけられる場合がありますが、吉澤被告の場合は特殊なケースなので判断は難しいですね」(芸能ライター)

 そこで浮かび上がってくるのが、「吉澤被告は芸能界を引退したが、モーニング娘。OGをやめてはいない」という理屈である。

 「モーニング娘。では男性問題でグループ強制卒業となった矢口真里や、モー娘。卒業後に未成年喫煙問題を起こし事務所を追われた加護亜依、男性問題で長らくコンサートに“出禁”状態だった市井紗耶香もライブ出演を果たしています。もちろん、刑事事件を起こし有罪判決を受けるであろう吉澤被告の場合、問題のレベルが違うとはいえますが、彼女たちを許して吉澤被告を許さないとなるのは難しいのではないでしょうか。タイミングを見計らって『一般人としてモー娘。ライブに限定復帰』といったプランもありそうです」(前出・同)

 とはいえ、今の吉澤被告は真摯な反省に務め、裁判に臨むほかないのは確かである。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ