髭男爵・山田ルイ53世に続け!次に受賞しそうな文才芸人は?

芸能ニュース 2018年03月27日 12時40分

髭男爵・山田ルイ53世に続け!次に受賞しそうな文才芸人は?山田ルイ53世

 髭男爵の山田ルイ53世が「第24回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の作品賞を受賞し、話題となっている。対象となったのは、『新潮45』(新潮社)で連載された「一発屋芸人列伝」である。波田陽区、キンタロー。、コウメ太夫といった芸人たちの素顔に迫り、最終回では髭男爵自身を取り上げた。

 芸人の仕事にはネタ作りも含まれるため、文章に才能を発揮する者が少なくない。

 「もっとも知られているのは、『火花』(文藝春秋)で芥川賞を受賞したピースの又吉直樹でしょう。実質的な小説デビュー作でそのまま受賞しましたので、その力量がうかがいしれます。浅草キッドの水道橋博士も、敬愛する竹中労にならって“芸能界に潜入したルポライター”を自認し、『お笑い男の星座』『藝人春秋』シリーズ(ともに文藝春秋)など多くの名作を書き上げていますね」(芸能ライター) 又吉や博士ばかりではない、意外なところで文才が発覚した芸人もいる。

 「90年代に『電波少年』シリーズ(日本テレビ系)で、『電波少年的懸賞生活』に挑んだなすびは『懸賞日記』(日本テレビ放送網)で、全裸で過ごす日々をつれづれなるままに綴りました。この番組からは多くの書籍が出ましたが、元祖といえる『猿岩石日記』(同)が誤字脱字で作文調だったのに対し、なすびは過酷な日々を洒脱な文体で綴り、文才が感じられます。同じような境遇では、マシンガンズの滝沢秀一がいます。彼は現在、家族を養うためゴミ清掃会社に正社員として就職しています。一方で、学生時代から中上健次や村上龍を愛読する文学青年であり、『群像』(講談社)の新人文学賞では、最終選考手前の四次選考まで残り、話題となりました」(前出・同)

 さまざまなキャラ付けがなされる「◯◯芸人」が頻出して久しいが、文才芸人は地味ながらも、確かな力のある存在といえるかもしれない。マシンガンズ・滝沢の文学賞受賞に期待したいところだ。

ピックアップ

ラグビーワールドカップの通常チケットが受付開始 一方で転売価格も…
2018年09月21日 06時15分 [スポーツ]

芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る