競輪人国記 徳島(3)

ノンジャンル 2009年10月27日 15時00分

 新田計三(19期)は特別競輪を獲る大物の追い込み選手として期待された一人だった。昭和49年の高松宮杯では国持一洋(静岡)と直線でデッドヒート、荒木実(京都)の「びわこ道」を通った追い込みに敗れ、惜しくも3着となっている。

 さらに50、51年と連続して特別競輪に優参。51年の競輪祭では阿部良二(岩手)―岩崎誠一(青森)の3着だった。このころ3連単があったならファンの期待に十分こたえたであろう。
 戦法が先行まくりだった中田彦(29期)は粘りのあるレースで特別戦線でも活躍した。昭和56年の高松宮杯では優参して久保千代志(当時・愛知)―井上茂徳(佐賀)の3着に入っている。

 変わり種はノンプロ野球の大倉工業で捕手として活躍した後、競輪に転向した富原忠夫(43期)だ。競輪選手になる以前から所帯持ちだったが、奥さんの協力があって競輪学校に入った。
 怪物・滝沢正光(千葉)以上の巨躯の持ち主で競輪学校では、普通3.33のギアしか使わせないが、「これでは空回りして練習にならない。そこで特別仕立ての3.64ギアで練習させた」(当時の教官)という怪力の逸話が残っている。デビューしてからは先行一本。主導権を獲ると馬力に任せての逃げ切りもあり、穴ファンを喜ばせた。
 途中からは選手会支部長に推され手腕を発揮した。全国50場で下から2番目の売り上げだった小松島競輪場に「ふるさとダービー」開催の呼び込みに貢献した。現在も本部役員として選手育成に活躍している。

ピックアップ
ノンジャンル新着記事

【話題の1冊】著者インタビュー 唐澤貴洋 炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか 日本実業出版社 1,400円(本体価格)
2019年02月21日 16時03分

〈目からウロコの健康術〉 『放置しても安全』は全くの誤解!? 早期発見で「前立腺がん」を完治!
2019年02月21日 12時03分

“午前中決勝”の五輪競泳が視聴率確保のため『池江ドキュメント』制作に全力投球!
2019年02月20日 23時03分

本好きのリビドー(241)
2019年02月20日 16時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る