さんまが“男女7人”でガッツポーズをとったワケ

お笑い 2017年05月03日 17時00分

さんまが“男女7人”でガッツポーズをとったワケ

 今では、日本中で違和感なく受け入れられている関西弁。それをおよそ40年前、東京に初輸入した芸能人は、明石家さんまだ。当時はまだ、「○○でんがな」、「○○まんがな」、「○○でおまっしゃろ」といったふうに、下品で、おじさん臭いイメージだった関西弁。そこへ、切り込み隊長として送り出されたのが、大阪の吉本興業(当時)でメキメキ頭角を現していたさんまだった。落語家からピン芸人に転向して成功を収め、東西の笑いをつなぐ太いパイプになったのだ。

 20代前半、今でも忘れられない悔しい思いをしている。「大阪弁がイモ臭かったり、ダサかったり、伝わらないことがいっぱいあった」時代に、若手俳優だった佐藤浩市ら数名で、ディスコに行った。佐藤の友人から「(大阪弁は)イモ臭い」と言われたのだ。その侮辱は心に残り、「大阪弁で恋愛ドラマの主役を絶対にやりたい!」と真剣に思った。

 そして、東京進出のおよそ5年後、ドラマ『男女7人夏物語』(TBS系/1986年)が開始。青春の思い出を捨てきれない大人の男女7人が紡ぐラブストーリーは、最終回で視聴率31.7%をマークするほどのオバケ番組に。さんまの恋人役を演じた大竹しのぶとは、私生活でも恋愛関係になり、続編の『男女7人秋物語』(87年)、映画『いこかもどろか』でも共演。のちに結婚して、愛娘でタレントのIMALUをもうけたが、現在は離婚に至っている。

 さんまにとっては、大女優の大竹と結婚生活を送れたことも誇りだが、「大阪弁で恋愛ドラマの主役をやったっていうのは、人が想像できないくらいのガッツポーズだった」ようだ。ピン芸人としても、トレンディ俳優としても、さんまが大成功を収めたことによって、その後の関西芸人の活路が開拓された。社会現象となった“男女7人”シリーズ。このとき、さんまが「大阪弁をやめないでおこうと思った」ことで、関西の笑いはメジャーになり、憧れの対象にもなった。

 デビューから40年以上たった今なお、笑いの感覚が衰えることはなく、好感度ランキングの上位常連。さんまは、リアルモンスターなのかもしれない。

関連画像
  • さんまが“男女7人”でガッツポーズをとったワケ
ピックアップ
お笑い新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る