競輪人国記 大阪(3)

ノンジャンル 2008年12月09日 15時00分

 昭和30年ごろから3年くらいは、追い込みナンバーワンといったら坂本昌仁(6期)だった。番手にこだわらず直線一本でもの凄い追い込み脚を見せて、頭に突き抜ける姿にファンは感銘をうけたものだ。
 番手にこだわらないタイプで、近畿勢なら3番手から追い込んできた。昭和31年の後楽園日本選手権では優勝、同年の神戸・全国都道府県選抜でも2000メートルで優勝している。

 昭和30年の賞金ランキングでは松本勝明(京都)に次いで2位。32年も松本を追い越すことは出来なかったものの、2位に入った実力者だったが、大宮競輪で競走中に落車してゴールの写真判定塔に激突。瀕死の重傷を負って奇跡的にカムバックしたが、以前の追い込み脚は蘇らなかった。

 8期では河内茂が近畿一のマーク屋でならしたし、12期の今川博司は先行まくりで頑張った。ともに特別競輪には常時選抜された。
 今川と言えば12車の後楽園で(1)(1)のゾロ目を出した記憶がある。相方は吉村昭次郎(北海道)だったと思う。とにかく過去のデーターを保存していないから確認は出来ないが…。13期には天才スプリンターの越智清がいた。強豪ぞろいの13期のなかでも越智の強さは、当初は高原永伍以上だった。

 14期の中川茂一は強引マークで売っていたが昭和44年の西武園・秩父宮妃賜杯で優勝。福島正幸(群馬)吉川多喜夫(神奈川)を相手に同じ地区の荒木実(京都)のまくりに乗って直線抜け出し、1万310円の大穴を出している。

 これは余談だが、当時前検日からのべ7日間にわたって選手宿舎でかん詰めとなり、ひそかに選手同士のギャンブルが流行っていた。中川は「夜の競走」でもチャンピオンだったという噂話があった。もう時効の話だから書いてもいいだろう。引退後、中川にその話を聞いたが半分肯定していた。

ピックアップ
ノンジャンル新着記事

炎上ゆるキャラ『ちぃたん☆』が市から解任されるも人気はうなぎ上り
2019年01月17日 19時03分

【話題の1冊】 著者インタビュー 志駕晃 スマホを落としただけなのに囚われの殺人鬼 宝島社 650円(本体価格)
2019年01月17日 16時03分

〈目からウロコの健康術〉 1950年までは日本の死因の第1位 古くて新しい感染症「結核」に要注意!!
2019年01月17日 12時03分

箱根駅伝 5連覇逃した青学・原監督に政治家転向説
2019年01月17日 07時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る