search
とじる
トップ > 芸能ニュース > セクゾ佐藤“単独主演”『ブラック校則』に、キンプリ高橋ファンが大反発! CDキャンセルも?

セクゾ佐藤“単独主演”『ブラック校則』に、キンプリ高橋ファンが大反発! CDキャンセルも?

pic pic

画像はイメージです

 11月1日公開の映画『ブラック校則』に先立ち、深夜ドラマ『ブラック校則』(日本テレビ系、毎週月曜日、深夜0:59〜放送)が本日から放送スタートする。しかし、SNSではとある一件で、一部のジャニーズファンによる抗争が白熱している。

 主演は映画と同様に、Sexy Zoneの佐藤勝利が務め、準主役はKing & Princeの高橋海人が務める。本作は2005年放送のドラマ『野ブタ。をプロデュース』のプロデューサーによる最新作で、「令和版野ブタ」とも称され注目されている。ストーリーは、影の薄い男性高校生・小野田創楽(おのだ・そら、演:佐藤)と、お調子者の同級生・月岡中弥(つきおか・ちゅうや、演:高橋)が学校にはびこる理不尽な校則「ブラック校則」に立ち向かっていく――という内容である。

 期待の声が高まる一方で、Sexy ZoneファンとKing & Princeファンによる炎上騒動が起こっている。事の発端は、佐藤と高橋による番宣。公式では佐藤による単独主演と謳われているにも関わらず、今月6日放送のスペシャル番組『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦』(日本テレビ系)では、佐藤だけでなく高橋も同席し、二人で本作の番宣を行った。さらに、今年7月放送の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)でも、二人で番宣を行っている。

 また、ポスターや予告編で高橋が主演同等に扱われていることや高橋本人のメディア露出が最近多いことから、Sexy Zoneファンによる不満が爆発。「勝利主演なのにどうして高橋がいつも付いてくるの?」「これじゃW主演だと思われちゃう」「高橋は後輩として出しゃばらないようにわきまえるべき」と不満の声が多く寄せられた。これに対し、King & Princeファンが激怒し、「Sexy Zoneファン民度低すぎ。準主役の高橋は番宣しちゃいけないの?」「むしろどうして公式で高橋が主演扱いじゃないのか疑問」「海斗君は番宣する時も、ちゃんと“勝利君主演の〜”っていろんなところで紹介してるよ。何も知らずに叩かないでくれる?」と高橋への弁護とSexy Zoneファンによる「海人叩き」を非難した。

 しかし、両者の抗争は一向に収拾がつかず、一部のKing & Princeファンが、本作の主題歌であるSexy Zoneのニューシングル「麒麟の子」のCD予約を次々とキャンセルするという事態に発展している。

 「Sexy Zoneは2011年デビューのグループで、King & Princeは2018年デビューです。佐藤はジャニーズ歴9年の22歳で、高橋はジャニーズ歴6年の20歳。立ち位置的には佐藤が高橋の先輩になります。佐藤は2017年公開の映画『ハルチカ』で橋本環奈とW主演を務め、2018年放送の松本潤主演の『99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II』(TBS系)など連続ドラマにも複数出演していました。

 しかし、高橋は2018年放送の『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(日本テレビ系)でKing & Princeメンバーとトリプル主演をしたのみ。映画出演と同グループメンバー抜きでのドラマ出演は本作が初めてとなります。そんな彼が先輩でキャリアのある佐藤と同等に扱われることに、不満を持つファンが多かったようですね。また、高橋の作中でのキャラクターも“お調子者”で、『野ブタ〜』でいうところの草野彰(山下智久)と同じポジションであることから、「山P気取り」「上から目線なキャラっぽくてウザそう」と嫌悪感を抱く人もいるようです」(ドラマライター)

 果たして、ジャニーズファンによる抗争は今後収まるのだろうか。ドラマの放送情報と11月公開の映画版も併せて注目したい。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ