search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 内田眞由美20歳記念『言えない恋心』恋愛短編集刊行記念サイン&握手会 ダンスが大好きなのでSKE48に行ってみたいです!

内田眞由美20歳記念『言えない恋心』恋愛短編集刊行記念サイン&握手会 ダンスが大好きなのでSKE48に行ってみたいです!

 AKB48の初代ジャンケンクイーンでもあり、AKB48グループの中で初の小説家デビューを果たした内田眞由美が2月3日、新宿・福家書店サブナード店で『言えない恋心』の発売を記念したサイン&握手会を行った。

 内田は子供の頃から本を読むのが大好きだが、書くのは初めてということで、不安だらけの中で、執筆をスタートしたという。「以前に出したフォトエッセーの担当者さんに書くことを薦められたんですよ。自信を持って書いてみなって言われて書いてみようと思いました」と話してくれた。しかし いざ書いてみると苦難の連続だったそうだ。「何度も直されて大変でした。メンバーの北原里英ちゃんに、本になる前に読んでもらって、アドバイスを受けて書き直したりもしました」と告白。

 記者から「印税がたくさん入るのでは?」と質問されると「メンバーから叙々苑おごってよって言われるんですよ。いつかみんなにおごれるような作家になりたいと思います」と抱負を語ってくれた。

 2月24日に行われるAKB48グループ大組閣祭について聞かれると「最初はまたやるんだって感じでした。いきなり博多とか行くのは困りますね。とにかく不安もありますが楽しみもありますよ。もし他のグループに行くならSKE48に行ってみたいです。私はダンスが大好きなので、あんな感じで汗をかいて踊ってみたいと思います」と答えた。

 展開の激しいAKB48グループだが、小説家という新しいジャンルに挑戦した内田は、様々なAKB48の変化について落ち込むこともなく、むしろ楽しんでいるようにも伺えた。今回は新たなジャンルで苦労の末に出来上った小説ということで、ファンの前に登場した時には、笑顔はもちろんのこと、当日が節分ということで、鬼の角を付けてファンを喜ばしてくれた。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ