大相撲九州場所は横綱・白鵬がV21 際立った大関陣のふがいなさ

スポーツ 2011年11月28日 11時45分

 大相撲九州場所(11月13日〜27日=福岡国際センター)は、横綱・白鵬(宮城野)が14勝1敗で2場所連続通算21度目の優勝を果たした。残念ながら千秋楽で敗れて全勝はならなかったが、今場所もまた白鵬の独走だった。

 白鵬は初日から13連勝で13日目にして、早々と優勝を決めた。ライバル力士は早くから脱落し、優勝争いへの興味は薄かった場所であった。白鵬に次ぐ星を残したのは、西前頭9枚目の若荒雄(阿武松)の12勝3敗。

 4人の大関陣はというと、把瑠都(尾上)と新大関・琴奨菊(佐渡ヶ嶽)の11勝4敗が最高で、白鵬とは3勝差も付いた。しかも、把瑠都は4日目までに3敗を喫し、スタート時点で優勝争いに加われず。琴奨菊は初日から9連勝したものの、新大関のプレッシャーもあったか、10日目から4連敗し脱落。他の大関はカド番の琴欧洲(佐渡ヶ嶽)が9勝6敗、日馬富士(伊勢ヶ浜)に至っては2場所連続の8勝7敗というていたらくであった。

 毎場所のように繰り返されることではあるが、4人も大関がいながら、誰一人、優勝争いに加われず、白鵬の独走を許しているようでは、ただでさえ下降している相撲人気の回復には到底つながらない。

 今場所の琴奨菊に続き、来場所、稀勢の里(鳴戸)の大関昇進が確実となった。長らく外国人天国が続く角界にあって、日本人大関が2人存在するのは、昨年5月場所での魁皇(現・浅香山親方)、琴光喜(解雇)以来、久しぶりのこと。一人横綱の白鵬が、「もう一人横綱がほしい」と語ったように、早期の白鵬のライバル誕生が望まれる。それが日本人力士であれば、なおさらいいことである。

 相撲人気の回復は優勝争いができる強い大関の登場、そして新横綱の誕生にほかならないだろう。
(落合一郎)

ピックアップ
スポーツ新着記事

プロレスラー世界遺産 伝説のチャンピオンから未知なる強豪まで── 「船木誠勝」“最後のサムライ”あまりに純粋な行動原理
2019年07月16日 23時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る