ローラ以外にもあった所属事務所との契約トラブル

芸能ネタ 2017年08月23日 12時00分

 所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付していたことを、一部スポーツ紙で報じられたモデルでタレントのローラだが、ほかの所属タレントも契約問題に泣かされていたことを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 同誌によると、今年の春ごろ、ローラが事務所側に「辞めたい」と申し出ると、社長から「暴露本を出す」、「日本でもアメリカでも活動できなくする」などと恫喝され、ローラはすっかり脅え、ふさぎこんでいたという。

 そんな状況から、ローラは意を決して代理人を立て、事務所に申し入れ書を送付。しかし、同社と所属タレントのトラブルはローラだけではなかったようで、以前から社員やタレントの出入りが激しく、契約に関するトラブルも後を絶たないという。

 有効期間が五年以上の契約を結ばされたあげく、途中で一方的に契約を解除されたタレントや、スタッフから容姿をけなされて仕事を打ち切られたモデルもいたのだとか。それでも、多くのタレントが事務所側に有利で不公正な契約を結ばされていたため、泣き寝入りするしかなかったというのだ。

 「社長が創業者の新興芸能プロだとよくあるケース。ローラの事務所以外でも同じようなことは多発している。現在、社長が猛プッシュしているダレノガレ明美の契約内容が気になるところだが、ローラとのトラブルが表沙汰になった以上、事務所としてもダレノガレ頼みなので、現状ではダレノガレは優遇されているのでは」(芸能プロ関係者)

 今年7月、公正取引委員会が、大手芸能プロなどで独占禁止法に抵触する不公正な契約が結ばれていないかを調査に乗り出したばかり。契約トラブルでの“被害者”が減ることを祈るばかりだ。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事

『カラテカ』入江慎也の“逆襲”!? 吉本より高い報酬で若手芸人囲い込み画策か
2019年06月17日 23時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る