【山口敏太郎の“UMA”ファイル】今も目撃例が存在する?「黒妖犬(ブラック・ドッグ)」

ミステリー 2018年04月14日 23時10分

【山口敏太郎の“UMA”ファイル】今も目撃例が存在する?「黒妖犬(ブラック・ドッグ)」画像はイメージです

 黒妖犬はイギリス南部から東部の各州を中心に、イギリス全土で目撃された獣型の怪物である。

 画像のように、赤く輝く目を持つ。毛に覆われ、牛ほどの大きさを誇る犬の姿をした怪物だと言われている。イギリスでは黒妖犬が最初に目撃されてから約500年間にわたり、実に数百件以上の目撃情報が存在。それは現代も続いているという。

 人間の死と関連する場所に現れることが多いようだ。17世紀のデボン州で、悪名高い地主が死んだ際に埋葬した墓の周囲で目撃されたり、多くの犯罪者が処刑されたニューゲイト監獄では、400年間にわたって目撃談がささやかれ続けた。

 同監獄はイギリス史上最も劣悪な監獄だったと言われる。収容された囚人に満足に食事も与えられないこともあった。飢えに苦しんだ囚人が他の囚人を殺して食べてしまうこともあったようで、その際には必ずと言っていいほど黒妖犬が現れたという。

 その他にも、人気のない道や橋などの交通路での目撃情報も多い。

 黒妖犬に遭遇した場合は、絶対に攻撃したり捉えたりしてはいけないという。もしこれらの行動に出ると、食い殺されたりひどい傷を負わされるのだという。

 だが、危害を加えなくても、目撃しただけでその人物は近いうちに死んでしまうとも言われている。「死の予兆をもたらす怪物」だとも解釈されている。

 こうした恐ろしい一面を持つ一方で、旅の途中で道に迷った少女を目的地まで送り届けたという逸話もある。時に人間の味方になってくれることもあるようだ。

 アーサー・コナン・ドイルは、シャーロック・ホームズ・シリーズの長編第四作「バスカヴィル家の犬」で黒妖犬に似たモチーフを登場させているが、これは友人から黒妖犬の話を聞いたことから着想を得たものであった。

 ちなみに、この黒妖犬との類似が指摘される謎の大型哺乳類は今でも目撃例がある。2016年8月にはイギリスのデボン州で黒豹にも似た巨大な生物が森の中に入っていく様子が確認されている。

(監修:山口敏太郎)

ピックアップ
世界大会で頂点に立つも注目度ゼロの松竹芸人がいた

世界大会で頂点に立つも注目度ゼロの松竹芸人がいた
2019年10月20日 14時00分 [芸能ニュース]

ミステリー新着記事
自然の猛威から生まれる妖怪たち

自然の猛威から生まれる妖怪たち
2019年10月13日 23時00分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る