芸能界10大ニュース2015 その1 独立に成功してパワーダウンした安室奈美恵

芸能ネタ 2015年12月21日 17時30分

芸能界10大ニュース2015 その1 独立に成功してパワーダウンした安室奈美恵

 昨年8月、一部で独立をめぐり、デビュー以来所属していた事務所と揉めに揉めていることが報じられた歌手の安室奈美恵だが、今年1月14日付で旧所属事務所との専属契約を終了。15日からマネジメント業務を現在の所属レコード会社内に2年前に新設したレーベルで行うことが発表された。

 「独立に関しては、安室と“男女の関係”にあるとされる音楽業界関係者が黒幕とされた。ややこしい話だけに、安室の獲得に手をあげる事務所はなく、仕方なく所属レコード会社内のレーベル=所属事務所という異例の形で独立騒動が収束した」(芸能プロ関係者)

 安室の旧所属事務所では、昨年あたりから歌手で女優の西内まりやが一気に台頭。そんな状況も、安室の独立を後押ししたと思われるが、独立後、本格的に始動したのは9月。

 全国ツアーをスタートさせ、来春のアジア公演も含めた大規模なものとなったが、そこで垣間見えたのが安室の苦境ぶりだったというのだ。

 「独立したからには、いろいろ自分たちでビジネスを開拓していかないと金が回らない。そこで、これまでやっていなかったTwitterをツアーのスタートに合わせて開設。しかし、書き込みは少ないうえに、だいたいの書き込みはファンクラブに入会しないと続きが読めない。ファンクラブに入るには、入会金2000円(税込み、以下同)、年会費3000円、申込手数料が350円の計5350円を支払わなければならない仕組み」(音楽関係者)

 いわばファンクラブへの“釣り”だが、常にチケットが“プラチナチケット”とされ入手困難だったにもかかわらず、フォロワーはまだ6万人。全員入会すれば3億円以上を荒稼ぎした計算になるが、ここに来て、ややパワーダウン気味だというのだ。

 「以前ならファンクラブでもなかなかチケットが取れなかった。ところが、今月の東京公演では、何度か『まだチケットあり』という旨のメールが来た。『CAN YOU CELEBRATE?』など、往年のヒット曲の版権は旧所属事務所がしっかり握っているため、安室はツアーで歌いたがらない。そのため、歌うのはあまり知られていない英語の曲がメイン。確実に昔からのファンは離れてしまっている」(芸能記者)

 来年以降、どうやって巻き返すのかが注目だ。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事

池田エライザ 写真集第2弾は『親指姫』ヌードで…
2019年06月24日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る