「かなのうフィーバー」の余波!吉田回避なら巨人は猛バッシングに遭う

スポーツ 2018年08月24日 17時45分

「かなのうフィーバー」の余波!吉田回避なら巨人は猛バッシングに遭う画像はイメージです

 23日、横浜スタジアムを訪れていた巨人・鹿取義隆ゼネラルマネジャーが記者団に囲まれた。記者団の目的は、金足農・吉田輝星投手の話を聞くためだ。鹿取GMは応じようとしなかったが、その執拗さに根負けしたのだろう。ひと言、「スカウトから高い評価が上がっています」と答えた。
 久々に現れた“巨人ファンの好投手”だ。まして、金足農は夏の甲子園を沸かせた主役である。このフィーバーに便乗し、人気面も回復させたいところだろう。

 関係者の一人がこう言う。
「甲子園大会前から吉田クンの名前が東北担当のスカウトから上がっていたのは事実です。でも、ここまでスゴイとは聞いていませんでした。2年生時の彼は試合終盤で息切れする欠点もありましたので」
 当初、巨人は大学生、社会人の即戦力投手を1位指名するつもりでいた。足繁く通っていたのは東洋大学で、
「4年生が3人もいて、巨人は全員指名するんじゃないかって噂されたほど」(在阪球団職員)
 なんて話も出ていた。
 しかし、吉田のラブコールを受け、1位指名候補を考え直さなければならなくなった。

 「昨年のドラフトから、巨人は戦略を変えたようです。清宮の指名が重複するのを分かっていて、あえて入札した節がありました。吉田クンが正式にプロ志望を表明したら、巨人も1位入札を宣言するかも。事前に1位指名を宣言することで、指名の重複を嫌う球団は別選手に切り換えるので」(前出・同)
 地元東北の楽天、日本ハム、西武、戦力に余裕のあるソフトバンクなども「吉田入札」で“金足農フィーバー”に便乗しようとするだろう。吉田の甲子園での好投はもちろんだが、どの球団も観客動員数アップに直結する選手が欲しいからだ。

 「阪神は吉田を諦めています。レギュラー外野手の糸井、福留の高齢化もあり、大阪桐蔭の4番、藤原(恭大)クンで行くと決めているので」(在阪記者)
 良く言えば、阪神は「ブレない」ということか…。
 吉田の進路に関してはさまざまな憶測も聞かれた。「すでに八戸学院大への進学が決まっている」という情報もあった。同大学と金足農野球部が“友好な関係”にあるからだが、今の吉田なら、「1年生からエース」ということも十分に考えられる。大学で成長するタイプもいれば、その反対もある。地方の大学リーグで4年間を過ごすよりも高いステージで揉まれたほうがいい。進学説にイマイチ説得力がないのはそうした理由からである。

 「吉田は『巨人以外ならプロには行かない』とは言っていません。抽選クジを外したときに被る巨人のダメージは計り知れません」(前出・在阪球団職員)
 金足農は「雑草集団」なる異名もある。その異名の付いた原因は、84年大会でKKコンビのいるPL学園をあと一歩のところまで追い込んだからだ。KKコンビの一人、桑田真澄氏が準決勝で始球式に臨んだが、そのバッターボックスに立ったのは金足農ナインだった。その光景を見ていた当時の監督、嶋崎久美氏は「何かのご縁ですね」と、感慨深い表情を浮かべていた。
「第12回BFA U―18野球選手権大会」終了後の9月、吉田は進路を正式に表明する。プロ志望となった場合だが、そのとき、巨人がまだ社会人、大学生投手に目移りしていたら、金足農関係者を敵に回すことになるだろう。(スポーツライター・飯山満)

ピックアップ

クラウドファンディングが頓挫? 引退直前のぼくのりりっくのぼうよみ、ネットから不信の声
2018年09月25日 22時00分 [芸能ニュース]

スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る