search
とじる
トップ > 芸能ネタ > “カネのニオイ”のせい?たむらけんじ 吉本坂46落選もネットからは「納得」の声

“カネのニオイ”のせい?たむらけんじ 吉本坂46落選もネットからは「納得」の声

pic pic

たむらけんじ

 22日、お笑い芸人のたむらけんじがTwitterを更新。同日行われたアイドルユニット「吉本坂46」の第1次書類審査に落選したことを報告した。

 同ユニットは、吉本興業と音楽プロデューサーの秋元康氏とのコラボによるもの。乃木坂46、欅坂46に続く新たな坂道シリーズとして、同社所属のタレント約6000人に応募資格が与えられていた。第1次書類選考では応募者1,747名から、751名が合格している。

 たむらはTwitterにて、「吉本坂46。1次審査で落ちてました。いち早く吉本坂を転げ落ちました。」と投稿。また、「坂田師匠は合格してるのに、、、」と事務所の大先輩・坂田利夫が合格していることをぼやいた。

 さらに、その後も「うそやん!トミーズ健合格してる!(敬称略)」と投稿。お笑いコンビ・トミーズの健の合格に驚きを隠せなかったようだ。

 そんなたむらのツイートに、お笑いコンビ・シャンプーハットのこいでが反応。「知り合いで落ちたのたむらさんだけです。」とツイートを拡散し、たむらが「拡散するのはやめなさい」とツッコむやりとりがあった。

合格者には、おばたのお兄さんなどの若手芸人をはじめ、ココリコの遠藤章造や野沢直子、坂田など若手からベテランまで幅広いメンバーが名を連ねている。

 たむらの不合格にネット上では、「納得」「商売人のイメージが強すぎる」「落選をしばらくトークネタにしそう」と、辛辣な声が寄せられている。

 「確かにたむらは、最近もっぱら炎上ネタで話題になることが多く、好感度が下がっています。『カネのニオイが強すぎる』という意見もあり、アイドルユニットでもある吉本坂には向かないと早々に切ったのでしょう。」(芸能ライター)

 たむらといえば、最近では仮想通貨投資を芸人仲間に勧めていたことがやり玉にあがっている。また、昨年はバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の終了を公式発表よりも前にコメントし、非難の声が寄せられていた。

 みんなから愛されるアイドルとは、イメージがかけ離れすぎていたのが落選原因なのかもしれない。

■参考URL
たむらけんじ 公式Twitter
https://twitter.com/tamukenchaaaaa/

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ