全日本プロレス 浜亮太が語る“朝青龍鉄人秘話”

スポーツ 2009年01月23日 15時00分

全日本プロレス 浜亮太が語る“朝青龍鉄人秘話”

 かつて相撲教習所時代、朝青龍の“先生”を務めていたという全日本プロレスの浜亮太が、横綱朝青龍の鉄人エピソードを披露。その強さの秘密を明かした。

 レスラーに転進する前は、高砂一門である八角部屋で北勝嵐という四股名(しこな)で活躍していた。1994年入門で、99年初土俵の朝青龍の先輩でもある。
 浜は朝青龍の新弟子時代、教習所の先生としてぶつかりげいこや四股を教えた。その当時の印象を「ハングリー精神がすごかった。強かったけど、(当時150キロの)自分のことを押せなかったッスね」と振り返る。
 だが、そのわずか1年半後、十両となった朝青龍との立場は一転する。
 「巡業中にけいこをつけてもらったんですけど、全然勝てなかったッスね。(朝青龍は)120キロで、自分は170キロくらいあったけど、全く歯が立たず、バンバン投げられました」

 わずか1年半の間に朝青龍に何が起きたのか。浜によれば「場所中、相撲で負けたら部屋に帰って泣きながら腕立て伏せをやってたみたいですよ。普通はやらないですよ。次の日に備えて体を休ませるものなんですけどね」
 負けん気の強さから来る“鋼の精神力”が、今の横綱を支えていると推測する。場所前の引退騒動をかき消し、優勝争い。トップに立つ朝青龍の強さの秘密の一端が見えた。

○新技開発
 浜は、2月シリーズ(6日、東京・後楽園ホール大会で開幕)でのGURENTAI壊滅に向け、新技開発に乗り出すことを宣言した。
 開幕戦で武藤敬司、西村修と組み、太陽ケア、高山善廣、NOSAWA論外と対戦する。ただ、デビューして2シリーズを完走したばかり。経験不足は否めない。そこで「体の幅じゃなくて、プロレスラーとしての幅を広げていきたい(笑)。これぞ浜亮太って技を身につけたい」と決心した。
 現在、浜はランニングボディープレスなど190キロを超える体型を生かした技を身につけている。だが、それだけは足りないと感じているようで「技術+体重を生かす技を作りたい。投げ技系がいいかな」と話した。

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る