負け組だらけだった冬ドラマ

芸能ニュース 2012年02月21日 15時30分

負け組だらけだった冬ドラマ

 1月スタートのゴールデンの時間帯に放送の各局ドラマも回を重ね終盤に向かっているが、視聴率が厳しいドラマが目立つ。

 「ここ数年、民放各局の平均視聴率の合格点は13.0%と言われているが、それに照らし合わせると基準を満たしているのはフジの月9ドラマ『ラッキーセブン』、同局の竹内結子主演の『ストロベリーナイト』と向井理主演の『ハングリー』の3本でフジの独り勝ち状態」(テレビ関係者)

 フジは小泉今日子主演の「最後から二番目の恋」が平均12%台、もともと視聴率の取れない日曜午後9時枠の「早海さんと呼ばれる日」は10%台とまずまず検討している。

 それに対する他局だが日テレは永作博美主演の「ダーティ・ママ!」が11%台後半、と鈴木京香が母親役の「理想の息子」が12%台後半だが伸び悩みか?

 「永作は子連れで捜査する敏腕刑事、鈴木は息子を溺愛する母親だが、どちらもかなり現実離れしていて、『ダーティ・ママ!』はすでに2回シングル(=視聴率1ケタ)に落ち込んでいる。永作と鈴木の周囲を固める共演者もインパクトが物足りない」(テレビ誌記者)

 テレビ朝日は医療ドラマ「聖なる怪物たち」が平均視聴率1ケタで大コケ。

 「主演の岡田将生はまだまだ連ドラで主役を張れる器でなかったことが証明されてしまった。放送されている木曜午後9時はもともとそこまで数字が上がらなかったが、今回は大幅に数字を下げてしまった」(同)

 TBSは宮部みゆきさんの原作をドラマ化した「ステップファザー・ステップ」、山Pこと山下智久主演の「最高の人生の終わり方」、仲間由紀恵主演の「恋愛ニート」、山崎豊子さんの原作をドラマ化した「運命の人」がそろってコケた。

 「『ステップファザー・ステップ』は回を重ねるごとに数字を落とし、『最高の人生の終わり方』はトーンが暗すぎて、仲間のドラマはリアリティゼロ。『運命の人』は原作に描かれた当事者たちが怒りをあらわにするなど踏んだり蹴ったり」(芸能記者)

 各局とも4月ドラマで今回の反省点を生かしてほしいものだ。

関連画像
  • 負け組だらけだった冬ドラマ
  • 負け組だらけだった冬ドラマ
  • 負け組だらけだった冬ドラマ
  • 負け組だらけだった冬ドラマ
  • 負け組だらけだった冬ドラマ
ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る