search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 小川アナの夫が『文春』で否定した肉体関係、愛人が『ポスト』で赤裸々告白してしまった事情

小川アナの夫が『文春』で否定した肉体関係、愛人が『ポスト』で赤裸々告白してしまった事情

pic pic

画像はイメージです

 TBS系報道番組「NEWS23」のメインキャスターを務めるフリーの小川彩佳アナウンサーの夫で医療ベンチャー「メドレー」の代表取締役医師、豊田剛一郎氏が不倫していることを、先週発売の「週刊文春」(文芸春秋)が報じた。

 報道を受け、豊田氏は3日付で代表取締役を辞任し、常勤の取締役に降格。さらに、12月期に発生する役員報酬を返上して無報酬で勤務し、現在保有している税制適格ストックオプションの未行使分32万株分(3日時点で16億1920万円相当)も放棄する意向を表明したという。

 不倫の代償は金銭的にあまりにも大き過ぎたようだが、一部報道によると小川アナは怒り心頭のようですでに夫と別居。どうやら、夫との関係修復は難しそうだが、豊田氏のストックオプション放棄は今後を見据えての可能性であることが浮上しているというのだ。

 ​>>“負の連鎖”を断ち切れていなかった『NEWS23』 昨年のリニューアル以降不運続き<<​​​

 「キャスターとしての顔に泥を塗られてしまった小川アナ。プライドがひと一倍高いだけに、夫を許せずに離婚を決意し、巨額の慰謝料・養育費を請求する決意を固めたのでは。そうなると、未行使分のストックオプションの何割かも請求することになりそうで、そのことを見据え豊田氏は放棄の意向を発表。早めに手を打ったのでは。自分がトップなので、そのあたりはなんとでもなったはず」(テレビ局関係者)

 このまま騒動が収束するかと思いきや、なんと、今週発売の「週刊ポスト」(小学館)で、豊田氏の愛人が豊田氏との出会いから不倫関係に至るまでを赤裸々に告白している。そして、その告白で衝撃の事実が明らかに。豊田氏は「文春」の取材に対し、結婚後の愛人との肉体関係を否定していた。

 しかし、愛人によると、先月のある日、小川アナから事情説明を求める電話がかかってきたが、その際、豊田氏から口裏を合わせるように指示され、肉体関係を否定してしまったというのだ。

 「結局、小川アナは2人にすっかりだまされ赤っ恥をかかされた。とは言え、愛人は豊田氏から家賃補助までしてもらっていたというから、もし“プロ愛人”なら取材になんか応じなかったはず。“素人愛人”なので洗いざらいぶちまけてしまった」(芸能記者)

 愛人の告白記事は小川アナの怒りに火を注いでしまったはずだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ