search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 賞金で「ファンの方とオフ会したい」次世代グラビアコンテストで冨樫真凜がグランプリ! 準グランプリは南米ハーフのモラレスしれな

賞金で「ファンの方とオフ会したい」次世代グラビアコンテストで冨樫真凜がグランプリ! 準グランプリは南米ハーフのモラレスしれな

pic pic

橋本杏奈、モラレスしれな、冨樫真凜、新海まき、新田空

 次世代のグラビアアイドルを発掘するオーディションイベント「グラビアネクスト2020」の最終審査が14日、都内で行われ、東京都出身の冨樫真凜(20歳)が第1回のグランプリに選ばれた。

 エイベックス・マネジメントやフィット、プラチナムプロダクションが主催となり開催された本イベント。応募総数約1000人の中からグランプリに選ばれた冨樫はミクチャ賞も受賞するなど、ダブル受賞。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 冨樫は賞金100万円を受け取り、ティアラを載冠すると「光栄な賞をいただけてすごく嬉しい」と感無量の表情。プライベートでは「babytech」という育児に関する分野で活躍する起業家でもある。「わたしのような一般人がこのような賞をもらえるということが驚き。実は、今日オーディションに出ていることはまだ誰にも言っていないんです。まずは応援してくれたファンのみなさんに受賞を報告したいです」とコメント。100万円で「ファンの方とオフ会したいです」とも話して笑顔を見せる。

 冨樫は「今後はグラビアでやってみたいことは、海で撮影すること」とも話し、「わたしの名前は海にまつわる名前なので、海で撮りたいんです。2年間ニュージーランドにも留学していたいので、ニュージーランドでも撮ってみたい。目標は小島瑠璃子さん。コメンテーターとしても活躍していたりすごいなと思っているので」と興奮気味に夢も語った。

 オーディションでは準グランプリに南米ハーフのモラレスしれな、審査員特別賞に新海まき、新田空、橋本杏奈の3人が選ばれた。モラレスも「これからがスタート。頑張りたいです。このオーディションを受けたのはお母さんの推薦だったんですが、ここまで進んで来れてびっくりしています」とコメント。

 橋本は元アイドルからグラビアに転身。「アイドルを辞めた時に芸能活動を引退しようと持っていたけど挑戦してよかったです。アイドルの時はアイドルの一環で写真を撮る感じでしたが、今後はそれと違って、きちんとした写真集を出してみたりテレビに出たり多方面で活動できればいいなと思っています」と嬉しそうに受賞の感想を述べる。

 新海も「一か月頑張ってきたのでこうして形になって嬉しい。ファンの人に恩返しをしたい」とにっこり。「こう見えて筋肉もありお尻も鍛えているんです。お尻と腹筋も見てもらいたい。佐野ひなこさんが目標です」とコメント。新田も「賞をもらうのは初めて。鳥肌が立っています。今くびれ作りに興味を持っているので、ウエストを絞ってくびれを見せられるグラビアを頑張りたい」と声を弾ませ話していた。

 イベントではプレゼンターを、フィット所属の藤木由貴、エイベックス所属の出口亜梨沙、プラチナムプロダクション所属の豊田ルナが務めた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ