search
とじる
トップ > 芸能ニュース > WHOパンデミック宣言に「今さら意味ない」 『ミヤネ屋』本村弁護士の発言が視聴者から賞賛

WHOパンデミック宣言に「今さら意味ない」 『ミヤネ屋』本村弁護士の発言が視聴者から賞賛

pic pic

画像はイメージです

 12日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)での本村健太郎弁護士の発言が、視聴者の間で話題になっている。
 新型コロナウイルスの猛威は世界中に広まり、日本でも政府からの大規模イベント自粛延長要請を受けて11日に東京ディズニーリゾートが4月上旬まで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンも22日までの臨時休業をそれぞれ発表するなど余波が続いている。スポーツ界でも第92回選抜高校野球大会(19~31日開催予定)が11日に、海外でもカナダのモントリオールで行われる予定だった世界フィギュアスケート選手権(日本時間16~23日)が日本時間12日にそれぞれ中止が決まるなど、影響が広がっている。

 日本時間の12日午前1時ごろには、WHO(世界保健機関)のテドロス・アダノム事務局長がスイス・ジュネーブで記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大をパンデミック(世界的大流行)と評価した。感染症をめぐるパンデミック宣言は2009年の新型インフルエンザ以来11年ぶりとなる一方、テドロス事務局長は「感染拡大を制御することは可能」とも語り、各国への対策強化も呼びかけている。

 『ミヤネ屋』のスタジオでもWHOのパンデミック宣言を取り上げていたが、話を振られた本村弁護士は新型コロナウイルスの流行によりWHOの存在意義が疑われると危惧し、「こんなタイミングで今さらパンデミックと言われても、意味ないじゃないかっていう気がしてならない」と怒りをあらわに。パンデミック宣言の前から各国が新型コロナウイルスへの対策を独自に進めていたことを挙げ、「WHOは今まで何やっていたんだ」と対応の遅さを指摘した。

 本村弁護士のこの発言にTwitterでは「確かにWHOの存在、意味無いね」「久し振りに本村氏がまともな事言った」「本村弁護士が声を上げて文句いうたんかっこええやん」「同感。パンデミック宣言なんて、意味ないと思う。何のための宣言なんだ」などと賛同する声が集まっていた。

 新型コロナウイルスをめぐるWHOの対応の遅さを批判する声もあったことから、本村弁護士の発言に多くの視聴者が共感していたようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ