search
とじる
トップ > 芸能ネタ > キムタク主演の「A LIFE」 業界ではギリギリ合格点の評価

キムタク主演の「A LIFE」 業界ではギリギリ合格点の評価

 1月15日からスタートしたキムタクこと木村拓哉主演のTBSドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」。周囲からは大きな期待をかけられる中、第6話目となった19日放送回では15.3%(関西地区は何と18.0%、瞬間で21時52分に20.9%を記録した)。瞬間最高視聴率は21時52分の20.9%。民放ドラマの視聴率では暫定1位となっている。

 爆発的な人気とまでは言わないものの、ドラマが不況の中、まずまずの視聴率を獲得したことで、「合格最低ラインはギリギリクリア」と業界では見られているようだ。

 「キムタクは相変わらずの演技でしたが、結果として視聴率がそこそこ獲得できたので本人と事務所は一安心でしょう」(業界関係者)

 ただ、そもそもこのドラマは近年では珍しく予算がかかっており、もろ手を挙げてとは言えないという厳しい評価もある。次回の主演ドラマも同じような予算が用意できる可能性は低い。それでも視聴率がまずまずだったことは、評価できるようだ。

 「業界では、解散騒動ですっかり世間の嫌われモノとなってしまったキムタクの主演では、大失敗の可能性もウワサされましたが、そこまで影響はなかったようだ」(同)

 まだまだキムタクブランドは健在だ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ