トップはやはりあの選手?球界の“フランチャイズプレイヤー”たち【パ・リーグ編】

スポーツ 2018年12月23日 17時40分

トップはやはりあの選手?球界の“フランチャイズプレイヤー”たち【パ・リーグ編】明石健志

 前回は、セ・リーグ6球団の該当選手について取り上げた球界の「フランチャイズプレイヤー」。稿が変わった今回は、パ・リーグ6球団の該当選手について以下に触れていきたい。

 10年ぶりの優勝を果たした埼玉西武は、中村剛也(2002年〜)、栗山巧(2002年〜)の2名が在籍年数トップ。FAやポスティングでチームを去る選手も少なくない中、この両名は共にFA宣言をした上で残留し、今でも変わらずファンの前でプレーを続けている。

 シーズン2位から2年連続の日本一を掴んだソフトバンクは、明石健志(2004年〜)が最古参。ちなみに、明石は同僚の和田毅、山崎勝己(オリックス)、寺原隼人(ヤクルト)と共に、残り4名となった“ダイエー戦士”の一角を担ってもいる。

 前年5位からAクラスに復帰した3位日本ハムでは、中田翔(2008年〜)、宮西尚生(2008年〜)の2名が該当。かたや主砲、かたやブルペンエースとして、どちらもチームに欠かすことができない選手であり続けている。

 4年連続Bクラスとなったオリックスは、岸田護(2006年〜)がチーム一筋を継続中。それまでトップだった金子弌大(2005年〜2018年)が日本ハムに移籍したことで、その座は岸田に移ることとなっている。

 前年最下位から1つ順位を上げた5位ロッテは、福浦和也(1994年〜)が最古参選手。今季見事に2000本安打を達成した“幕張の安打製造機”は、全12球団の中でもダントツの在籍年数を誇っている。“球界のレジェンド”と称しても、全く差し支えはない名選手だ。

 2015年以来となる最下位に沈んだ楽天は、銀次(2006年〜)、青山浩二(2006年〜)の2名が球団創設2年目から現在まで在籍中。黎明期を知る選手も少なくなってきていることを考えると、この両名はチームにとって非常に貴重な人材であるといえるだろう。

 以上が、パ6球団の「フランチャイズプレイヤー」の内訳となっている。前回紹介したセ6球団の選手を含め、彼らには1年でも長く在籍年数を伸ばしてもらいたいところだ。

文 / 柴田雅人

ピックアップ
スポーツ新着記事

プロレスラー世界遺産 伝説のチャンピオンから未知なる強豪まで── 「ドン・フライ」猪木の魂を引き継いだPRIDE男塾塾長
2019年07月23日 23時03分

卓球女子エース・石川佳純これからが正念場…忍び寄る“大人年齢”体力に不安?
2019年07月23日 18時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る