search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 明石家さんまと木村拓哉の『さんタク』、2019年の放送で語られることに注目

明石家さんまと木村拓哉の『さんタク』、2019年の放送で語られることに注目

pic pic

明石家さんま

 明石家さんまと元SMAPの木村拓哉によるバラエティ番組『さんタク』(フジテレビ系)が今年も1月1日の16時から18時にかけて放送される。

 この番組は2003年から放送されている新春特別番組である。2017年のみ4月10日放送となったが、ほかの年は1月1日の夕方が定番の放送時間となっている。2人が「やりたいことをやる」ゆるい番組として知られる。

 昨年は木村が各バラエティ番組に出演し、これまでのドラマや映画などの俳優メインの活動から新たな活動に幅を広げた年である。同時にジャニーズ事務所を退所した香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎による「新しい地図」の活動も活発化している。やはり、この番組に否が応でも注目が集まるのは確かだろう。

 「『さんタク』は、ロケ企画がメインとなるため、お正月番組としては珍しく11月中に収録が行われます。そのため放送日がずれた2017年は、2016年12月31日にSMAP解散が行われたため、何らかの影響があったのかとも噂になりましたね。今年はいつものようにゆるい番組になると思われます」(芸能ライター)

 ネット上でも「この番組が毎年あるのはありがたいね」「これはお正月の楽しみな番組のひとつだわ。フジテレビにはありがとうと言いたい」といった声が聞かれる。

 「フジテレビは長らく『SMAP×SMAP』を放送してきた放送局ですから、ファンの思い入れも強いのでしょう。元SMAPファンとしては、いつかは元に戻ってくれると願っているわけですから、『さんタク』の放送が続くことは、小さな希望をつなぐ番組なのかもしれません」(前出・同)

 事前収録にして、プライベートスタイルのロケ企画メインといった番組の性質上、大きな暴露話などはないだろうが、さんまと木村の発言は気になるところだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ