ようやく決着した大沢樹生の“実子騒動”

芸能ネタ 2017年03月15日 12時00分

ようやく決着した大沢樹生の“実子騒動”

 元光GENJIで俳優の大沢樹生が、前妻で女優・喜多嶋舞との間にもうけた長男が「実子ではない」との確認を求めた訴訟で14日、大沢の主張を認め「親子関係はない」とした東京家裁の判決が確定したことを各メディアが報じている。

 もともと、大沢と喜多嶋は96年6月に結婚。翌97年1月に喜多嶋が長男を出産したものの、性格の不一致を理由に05年9月に離婚。その後、長男の親権は喜多嶋側にあったが、07年に喜多嶋が再婚したのを機に大沢側へ。13年9月に再び喜多嶋に親権が移り、現在、親権は米国で暮らす喜多嶋の父で音楽プロデューサーの修さんと母で元女優の内藤洋子さんの元にある。

 13年12月に一部報道で“実子騒動”が発覚。大沢は14年1月に会見を行い、実子ではないことを主張。一方、喜多嶋と長男は各メディアで実子であることを主張し反論していたが、15年には法廷闘争に突入していた。

 そして、15年11月、同家裁は大沢が証拠として提出した、13年2月に自身と長男の細胞を採取して実施したDNA鑑定の結果などから「親子関係はない」と判決を言い渡していた。その後、大沢、喜多嶋がメディアなどでそれぞれ意見を主張していたが、いつしか、この件はまったく話題にならなくなっていた。

 判決から1年4か月ほどでようやく判決が確定したが、各メディアによると、原告の大沢と被告の長男の双方が控訴せず。通常、判決は原告と被告がそれぞれ判決文を受け取ってから14日以内に控訴しなければ確定するが、被告の長男側が受領するまでに時間がかかったため、確定がここまでずれ込んでしまったというのだ。

 「結局、大沢、喜多嶋ともにそれぞれ新しい家庭があり子供がいるため、長男の存在がやっかいになった。さらには、喜多嶋の男性関係がお盛んだったため、大沢との子供であるかどうかを確定させる、結婚から出産までの日数を定めた民法の条項にギリギリで引っ掛かってしまいアウトだった」(芸能記者)

 大沢がこの件についてどうコメントするかが注目される。

ピックアップ

広島出身・吉川晃司の“顔を出さないボランティア”が話題 思い出されるあの芸人の行動力
2018年08月16日 23時00分 [芸能ニュース]

伝説のバンド復活、転売グッズの価格高騰で問題に “神対応”に称賛集まるも、後を絶たない「転売ヤー」
2018年08月16日 22時00分 [芸能ニュース]

芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る