「時代」を彩った男と女・あの人は今 元プロレスラー・ストロング小林さん

スポーツ 2009年09月15日 15時00分

「時代」を彩った男と女・あの人は今 元プロレスラー・ストロング小林さん

 アントニオ猪木と名勝負を展開し、日本プロレス界に大きな“クサビ”を打ち込んだストロング小林(本名・小林省三)さんも、いまは68歳。東京・青梅市の自宅で老後を過ごしているが、プロレスラー時代に負った腰痛もあり、杖をつきながら生活している。

 高校卒業後、一時は国鉄(当時)に転職。そのかたわらボディービルに打ち込み、コンテストに参加した会場で国際プロレス社長の吉原功氏にスカウトされた。1966年12月に旗揚げしたばかりの国際プロレスに入門、覆面太郎のリングネームでデビューした。
 日本でデビューした覆面レスラー第1号。小林さんが素顔になったのが68年1月で、海外修業を重ねてパリでIWA世界タッグ王座を獲得するなど活躍。一躍名をあげたのはIWA世界ヘビー級王座を奪ってからで、同王座を73年から25回防衛する日本記録(後に馬場の38回に破られる)を持っていた。文字通り国プロのエースに君臨した。
 しかし、74年2月に猪木に挑戦を表明して国プロを離れたこと(別掲)から人生が変わった。猪木戦は74年3月に行われ、いまだに日本人同士の名勝負とうたわれている。結果は猪木の原爆固めに敗れたものの、S・小林の名前は一般的にも知られるようになった。
 小林さんはWWWF(現WWE)遠征後、75年に新日プロに正式入団したが、あまり脚光を浴びないまま一線を退き、81年から俳優・タレントへの道を選んだ。持ち前の風ぼうを生かして映画『伊賀忍法帖』に出演。当時の役名「金剛坊」からとり「ストロング金剛」に改名した。愛嬌(あいきょう)のあるキャラクターから子供にも親しまれた。
 しかし、ビートたけしのテレビ番組に出た時、再び腰を痛め、ついにリタイアするに至った。小林さんは現在、講演などもこなしながら「まあノンビリとやってますよ。昔の思い出は大切にしまってありますよ」と“ごっつい顔”でニコッと笑う。杖をついても車イスでも、あの怪力男・小林さんは昔のままだ。

◎新日プロVS全日プロ 引き抜き合戦の発端
 74年、小林さんが国際プロを離脱して猪木に挑戦した時に事件は起こった。小林さんは国プロがエースに押したG・草津らとの対決から国プロを離脱し、新日プロに参戦。国プロは小林さんに対し移籍金の支払いを要求した。
 このトラブルは猪木戦を直前に控えた時で、結局、興行を後押していた東京スポーツ新聞社が中に入り一件落着したが、小林さんは一時「東スポ所属レスラー」となった。
 小林さんの離脱で国プロは迷走を始め、果ては倒産してしまった。その猪木VS小林戦は史上初の日本人トップレスラー同士の対戦で大注目を集め、それまで主流だった日本人VS外国人の戦いから日本人同士の戦いにシフトするきっかけにもなった。
 小林さんが原因で起きた『離脱→移籍騒動』はその後、新日プロと全日プロの引き抜き合戦となってプロレス界を騒がせた。現在の業界では考えられない大ギャンブルでもあった。

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る