search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 離婚に向けての交渉が難航しそうな渡辺謙と南果歩

離婚に向けての交渉が難航しそうな渡辺謙と南果歩

 今後、離婚に向けての話し合いがスタートしそうなことが報じられている俳優の渡辺謙と女優の南果歩だが、互いに離婚に向けての“条件”を発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 渡辺は昨年3月に「週刊文春」(文芸春秋)で21歳年下のジュエリーデザイナーとの不倫を報じられた。7月には会見を行い、不倫を認め釈明。その後、昨年末、同誌で離婚に向けた話し合いをスタートさせたことが報じられていた。

 しかし、今週発売の「女性自身」(光文社)に対し、南は、「そういった記事があったのは知っていますが、それは間違いです」と話し合いがスタートしたことを否定。今後、話し合いがスタートする可能性をうかがわせていた。

 そんな中「セブン」によると、渡辺と南はともに再婚し子供がいるためか、相続などで揉めないように結婚前に「婚前契約」を結んでいたという。

 その契約内容の中には、もし渡辺に不都合なことがあって離婚に至った場合、2人の財産をほとんど南に譲る、という内容もあるのだとか。しかし、渡辺にはたった1つだけ願いが。それは、軽井沢にある別荘を譲ってもらいたいというものだが、土地と建物が別名義のため取り扱いが難しいというのだ。

「渡辺は自分の非を認めているので、財産を譲渡することはまったく問題ないようだ。別荘の件もそこまでこだわっていないのでは。今夏も英国でミュージカルに出演するなど、仕事も途切れることはなさそうで、南に財産を渡してもそれほどダメージは大きくないのでは、となると、不倫相手との再々婚が近そうだ」(芸能記者)

 会見以来、離婚問題にコメントしていない渡辺だが、今後、どのような形でコメントするかが注目される。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ