search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「子育てばかりやっていても…」神田うの、2019年はタレント活動に意欲

「子育てばかりやっていても…」神田うの、2019年はタレント活動に意欲

pic pic

神田うの

 神田うのが5日、自身がプロデュースするウエディングドレスブランド「シェーナ・ドゥーノ」の新作ドレスファッションショーを行った。ショー後の囲み取材で、自身の子育てにも言及した。

 ブランドは今年で17周年。神田は「感慨深い。娘が生まれた時がちょうど10周年で、娘がこの間7歳になったので」としみじみ。「ブライダル業界はダメになっていくところがたくさんあるんですけど、その中でも生き延びられているのは、着てくださるみなさん、バイヤーの方やメディアのみなさん…と私の努力(のおかげ)!」と茶目っ気いっぱいに振り返った。

 「着てくださるみなさまがいないと、できないことですけど続けていきたい。この子(娘)にも着てもらいたいな」と明かし、「結婚する時に『ママのドレスを着たい』って言ってもらえるようなドレス作りをしていきたい」と優しい母の顔を見せていた。

 報道陣から、ショーで娘がモデルを務める可能性について問われると「まだそんな表に出られないです。ステージママでもないし、本人が『こういう道に行きたい』って言うならいいけど、親が出したりするっていうのは…私のやり方ではない」とポツリ。「今、怖いじゃないですかいろいろと。(メディアに)出すってことはリスクがあるので」と危惧していた。

 神田は昨年8月に1カ月半、椎間板ヘルニアで極秘入院。昨年はリハビリの中のショーとなったが、現在は「いいです。だいぶ良くなってます」と語った。

 2018年がどんな年だったか問われると「2018年はすごく楽しくて、前向きな年だった。とにかく腰が治ったから健康でいられてよかったな」と笑顔。現在のマイブームにも触れ「(DA PUMPの)『U.S.A.』を娘がすごく踊ってる。学校でもみんな踊ってた。インター(ナショナルスクール)ですよ?びっくりしました。娘から教えてもらって私も一緒にやったりする」と意外な一面を明かしていた。

 来年の抱負については「(来年は)タレントとしてのお仕事もやっていく、とこの間社長と話していた。『子育てばっかりやっていても』って感じなので。よろしくお願いします」と逆にアピールしていた。

 来年は神田を目にする機会が増えそうだ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ