search
とじる
トップ > 芸能ネタ > フジ三田アナ、安藤優子の呪縛から解放か 新キャスターの起用相次ぎ“ニュース戦争”激化?

フジ三田アナ、安藤優子の呪縛から解放か 新キャスターの起用相次ぎ“ニュース戦争”激化?

pic pic

加藤綾子、三田友梨佳

 テレビ朝日を寿退社することを発表していた小川彩佳アナウンサーが、7月からTBS系「NEWS23」のメインキャスターを務める方向で調整に入ったことが、一部スポーツ紙で報じられた。

 小川アナは2011年4月から2018年9月まで「報道ステーション」のサブキャスターを担当。同10月からはインターネットテレビ局AbemaTVの報道番組「AbemaPrime」のキャスターを務め経験十分。3月いっぱいでの卒業を発表していたが、いきなりライバル局から夜の看板ニュース番組のオファーが届いたようだ。

 また、フジテレビは昨年春に報道番組のブランドを「プライムニュース」で統一したが、一部夕刊紙によると、全ての放送帯で苦戦したためで、代わりに「ニュースライブ」という統一ブランドを立ち上げ。

 すでに夕方枠のメインキャスターを同局出身のカトパンこと加藤綾子アナウンサー務めることが発表されているが、平日午後11時台の“夜の顔”にはミタパンこと三田友梨佳アナウンサーが起用されるというのだ。

 「小川アナが『報ステ』に戻りたがっていることをTBSがキャッチ。戻れないことが退社の理由とあって、他局ながらオファーを快諾。ミタパンは出演中の午後の情報番組『直撃LIVEグッディ!』のキレのあるコメントがたびたび話題になっていることもあり、夜のニュース番組の“再建”を任せられたようだ」(テレビ局関係者)

 すでに「報ステ」は元テレ朝でフリーの徳永有美アナウンサーが、「NEWS ZERO」(日本テレビ系)は元NHKの有働由美子アナウンサーがともに昨年10月からキャスターに就任。

 今年の7月改編までには民放キー局の夜の看板ニュース番組の“新顔”が出そろうことになった。

 「現在、4局の夜のニュースの視聴率は上からテレ朝、日テレ、TBS、フジですが、この順位が大きく入れ替わる可能性もありそうです」(芸能記者)

 果たして“勝ち組”になるのはどの女子アナか。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ