search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 今、注目の爆笑ハーフ芸人! アントニー

今、注目の爆笑ハーフ芸人! アントニー

 ハーフブームが、お笑い界にも押し寄せている。筆頭格は、デニスの植野行雄。父がブラジル人、母が日本人のハーフ。濃厚な顔面だが、英語を話せない。しゃべりが達者で、おもしろエピソードも豊富なため、今年からはフジテレビ系『笑っていいとも!増刊号』の増刊号特派員、同『バチバチエレキテる』にレギュラー出演中だ。

 そんな植野に続けとばかりに、今注目されているのは、マテンロウのアントニーだ。奇しくも、デニスと同期である。
 
 現在23歳で、東京都板橋区在住。父はアメリカ人で、その昔は、黒人ボクサーとして活躍していた。しかし、アントニーが3歳のとき、逝去。再婚相手は純粋な日本人で、寿司職人だった。

 これが、その後のアントニーの人生を、大きく狂わせた。おもしろ劇場の開演である。

 幼稚園時代はすでに、両親が日本人。しかし、本人の身体能力はアメリカ人なので、小学生の低学年で、かけっこはぶっちぎりのトップだった。

 地域の少年野球に目をつけられて、小3でスカウトされた。入部した翌日に言いわたされたのは、「4番でピッチャー」。緊張のままバッターボックスに立つと、監督は外野全員に「下がれ!」と指示。河川敷での練習試合で、下がりすぎたレフトは川に落ちてしまった。これでついたあだ名は、「レフト殺し」だった。

 そんなアントニーの風貌にホレこんだのは、ザ・ぼんちのおさむ。ブルース好きであるおさむは、黒人のアントニーを見て「本物だ!」と思い、食事に招いた。しかし、当の本人は、英語を話せない。しかも、人生初の大阪2日目で風邪をひいており、期待を大きく裏切った。

 中学時代には、あまりにも英語ができないため、英会話教室に通う決意。しかし、教室に入った瞬間に先生と勘違いされ、全員に起立されて、礼をされたアントニー。掘るとまだ、爆笑実話が出てきそうだ。

 次回も注目ハーフ芸人を紹介しよう。(伊藤由華)

*画像はアントニーTwitterから https://twitter.com/hsa199029

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ