search
とじる
トップ > 社会 > 横浜の中学教諭が夜道で「パンツちょうだい」と女子高生を脅し体を触る

横浜の中学教諭が夜道で「パンツちょうだい」と女子高生を脅し体を触る

 とんでもない教師がいたものである。

 神奈川県警捜査1課と保土ヶ谷署などは8月25日、路上で帰宅途中の女子高生の体を触ったとして、同県横浜市都筑区内にある市立中学校の男性教諭(25=同市西区霞ヶ丘)を、強制わいせつ容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、同13日午後10時半頃、同市南区の路上で、歩いて帰宅しようとしていた県立高校3年の女子生徒(17=同区)の胸や尻を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

 県警によると、教諭はスマートフォン(多機能携帯電話)を見ながら歩いていた女子生徒に、後ろから近づいて口をふさぎ、「騒いだら殺すぞ。パンツちょうだい。体触らせて」などと脅して、体を触るなどしたという。

 警察の調べに対し、教諭は容疑を認め、「若い女の子を見て、ムラムラしてやってしまった」と供述している。

 今年3月下旬以降、同市保土ケ谷区や西区などで、主に10代や20代の女性が、同様の手口で襲われる事件が14件ほど起きており、捜査1課で関連を調べている。

 同市教育委員会によると、教諭は4月に常勤の教師として採用されたばかりの新米で、保健体育を担当していた。勤務態度はマジメだったという
 市教委は「事実であれば遺憾で、厳正に対処したい」としている。

 「ムラムラしてやってしまった」とは、とても教師が取る行動ではない。同市もとんだ先生を雇ってしまったものだ。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ