YOSHIKIがエリザベス女王・チャールズ皇太子と面会できたワケ 海外での評価は?

芸能ニュース 2019年08月11日 12時20分

YOSHIKIがエリザベス女王・チャールズ皇太子と面会できたワケ 海外での評価は?X-JAPAN・YOSHIKI

 X-JAPANのYOSHIKIが、イギリスのチャールズ皇太子と面会する様子を、8月6日のツイッターにアップし、話題となっている。面会時の写真とともに、「お会いできて光栄です」のメッセージを英語と日本語で記している。これには、ネット上では「YOSHIKI、すげえな」「しっかりとサマになっているのがいいね」といった絶賛の声が聞かれた。

 YOSHIKIと言えば、6月23日(現地時間)には、エリザベス女王とも面会を果たしている。面会時には、YOSHIKIが首に巻いていたスカーフが、エリザベス女王に当たるハプニングも起こり、海外メディアでも注目された。

 イギリスの王室ばかりでなく、YOSHIKIはミュージシャンのマリリン・マンソン、俳優のジョニー・デップなど、世界を股にかけた幅広い人脈を築いている。なぜYOSHIKIは海外で活躍し、高い評価を得ているのだろうか。

 「YOSHIKIは、90年代より活動拠点をアメリカに置いています。これは現地で生活するばかりではなく、マネジメントもアメリカの会社を通して行っています。対等に交渉できるように英語も習得しています。現地では、自身で買い取ったスタジオで創作活動を行っており、きちっと自立した活動ができていると言えるでしょう。アメリカばかりではなく、ヨーロッパや南米でのツアーも成功させました。また、ソロ活動も本格化させ、2014年にはアメリカのロックの伝統であるマジソン・スクエア・ガーデン、2017年にはクラシックの殿堂であるカーネギーホールでの公演も、アジア人として初めて成功させています。狭義のロックミュージックにとどまらない、アーティストとしての高い評価を受けていると言えるでしょう」(業界関係者)

 さらに、アメリカで活躍する著名人が行う慈善事業に熱心な点も、評価が高いと言えるだろう。

 「私物などのチャリティーオークションを行い、売上金を自身が立ち上げた非営利公益法人である『YOSHIKI FOUNDATION』に寄付しているのはよく知られていますね。また、先日に起こった京都アニメーションで起こった放火殺人事件では、1000万円の寄付を行い話題となりました。YOSHIKIは『業界の垣根を越えてサポートしたい』『日本のアニメは世界の宝』とも述べています。世界的な活躍をしながら、日本人による日本文化の発信といった原点を意識している点も、評価される理由と言えるでしょう」(前出・同)

 90年代から時間をかけて行ってきた地道な活動が、世界的な評価をされ信頼となり、著名人との面会へとつながっているのかもしれない。これからも「世界のYOSHIKI」としての活躍は続きそうだ。

記事内の引用について
YOSHIKIのツイッターより
https://twitter.com/yoshikiofficia

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る