search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 嵐・櫻井が気付かれず街頭インタビューに登場? 二宮も日テレから屈辱的な声かけエピソード

嵐・櫻井が気付かれず街頭インタビューに登場? 二宮も日テレから屈辱的な声かけエピソード

pic pic

画像はイメージです

 今年の日本テレビ系『24時間テレビ42 愛は地球を救う』が、8月24日から25日にかけて放映される。42回目のテーマは、「人と人 〜ともに新たな時代へ〜」。メインパーソナリティーを務めるのは、13年以来5度目で史上最多となる嵐だ。

 嵐は今年が、結成20周年アニバーサリー。現在は、日本人アーティスト初となる全50公演オール5大ドームのツアー真っ最中だ。20年の大みそかで、グループ活動をいったん停止する5人。目下、思い出と友情を育んでいると言えよう。

 振り返れば、嵐には日テレによってバラエティスキルを高めた歴史がある。初めて単独のレギュラー番組を抱えたのは、日テレ。CDデビューのおよそ2年後の01年、深夜枠で始まった『真夜中の嵐』だ。

 以降は、『Cの嵐!』、『Dの嵐!』、『Gの嵐!』と改題しながら続き、『嵐の宿題くん』がシリーズ最終作。10年に終了すると、その直後のクールから現在の『嵐にしやがれ』がスタート。勇躍ゴールデンタイムに進出した。

 嵐が国民的アイドルと呼ばれるに至る階段は、日テレとともに駆け上がったといっても過言ではない。にもかかわらず、屈辱的な体験をさせられたメンバーがいる。二宮和也だ。

 「髪の毛を切りに行こうと1人で都内を歩いていると、『すいません』と声をかけられたそうです。すでに嵐としてテレビに出まくっていたので、『バレた……』と思って振り返ると、番組スタッフ。街頭インタビューでした(笑)。日テレの『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』で、所ジョージさんの番組。ニノは声を出すとバレるかもしれないと思い、そのまま歩き続けたそうです」(テレビ誌のライター)

 通り過ぎたあとも、番組スタッフは二宮だと気づいていない様子だったという。元来、タレントオーラをかき消すのは大の得意。小兵で猫背であることも、その場の雰囲気に瞬時になじめる要因と言えよう。

 対して、しっかり街頭インタビューを受けた嵐のメンバーもいる。櫻井翔だ。マイクを向けてきたのは、ジャニーズ事務所の大先輩であるTOKIO・城島茂。都内でもおしゃれ人間が多いことで知られる自由が丘で、声をかけられ、素直に応じているのだ。当時はまだジャニーズJr.。城島は、事務所の後輩であると知らずにマイクを向けたようだ。

 街に溶け込んでいるつもりでも、引き寄せる何かがあるのか。さすが、嵐だ。
(伊藤由華)

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ