search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 貴乃花氏が「しゃべくり007」に出演で好感度アップ 子供への愛情、意外な趣味を語り“ギャップ萌え”

貴乃花氏が「しゃべくり007」に出演で好感度アップ 子供への愛情、意外な趣味を語り“ギャップ萌え”

pic pic

花田光司

 大相撲の貴乃花氏が29日、『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。これまでとは違った雰囲気を見せ、視聴者らを驚かせている。

 例の騒動後、初のバラエティ番組出演となる貴乃花氏だが、出演を決めた理由は「(しゃべくりの)皆さんにお会いしたくて」と説明。騒動に関しては触れることなく、「今は静かになりました」とだけ話していた。

 現在の生活については「仕事があれば出かける」程度だそうだが、自宅では意外にも動画配信サービスを利用し、ドラマを楽しんでいる様子。お気に入りのドラマには『校閲ガール』(日本テレビ系)を挙げ、「(自分も)出版社に書かれることがあるじゃないですか。ああいう部署があるのは知らなかった」とお茶目に語ってみせた。

 そして、家族について話が及ぶと、靴職人でタレント活動も行っている長男の優一氏に対しては「職人として20年、30年修行しないと」「テレビに出ている場合じゃない」と厳しい声が。しかし、17歳の長女と15歳の二女に対する話題になると表情が一気に緩み、彼氏は「考えられないですね」とばっさり。相手が力士だったらどうかという質問には「ありえない」と切り捨て、「家庭的な力士なんていない」と断固拒否していた。

 これまでは、情報番組などで映される貴乃花氏の厳しそうな表情のイメージから、「怖い」印象を持っていた人も多かった様子。しかし、ドラマを楽しむなどプライベートを垣間見た瞬間には「石原さとみの校閲ガールが好き。ギャップ萌え」「笑いを含めてこんなに喋れるの意外」との声がネット上に寄せられた。

 また、家族について話す姿には「元貴乃花親方も娘さんを思う普通のお父様ですね。純真で可愛らしい人ではないかと思います」「娘を思う気持ちが愛情かけて育てている父親だなぁとカッコ良かった」などの声があり、相撲界について必要以上にコメントをしなかったことも、「絶対に相撲の悪口は言わないし、本当に相撲を愛してる人だって事をつくづく思い知らされた」「貴乃花に指導された子供たちは将来、素敵な人になりそうな気がした」と好感度が高かったようだ。

 放送後は「また見たい!」との声が相次ぎ、早くも次なる出演を待ち望んでいる人も多い様子。笑顔の貴乃花氏に癒された人も多く、今後の出演にも期待ができるかもしれない。視聴率は15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ