search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 事実婚状態から破局の沢尻エリカ 新たな恋に注目集まる

事実婚状態から破局の沢尻エリカ 新たな恋に注目集まる

pic pic

沢尻エリカ

 今年3月に以前から交際中の年上のファッションブランドのデザイナーの男性と事実婚状態であることを報じられていた女優の沢尻エリカだが、すでに破局していたことを、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。

 沢尻は09年1月、22歳年上のハイパーメディアクリエイターの高城剛氏と結婚したが、約2年半にわたって離婚で揉めたあげく、13年の年末に離婚が成立。

 その後、デザイナーとの交際が報じられ、沢尻の母と3人で同居もするなど、事実婚状態であることが報じられていた。
 同誌はド派手なファッションでスタイリストや所属事務所との打ち合わせに出かける沢尻の姿をキャッチ。

 近況について、すでにデザイナーとは破局しフリーとなっているが、あくまでも友人として飲みに行くことはあるというのだ。

 「映画の舞台あいさつでの『別に…』騒動などを巻き起こし、かつてはエリカ様と呼ばれ恐れられた沢尻だが、今やすっかり大人しくなった。とはいえ、男性関係はまだ落ち着きたくなかったようで、結婚観の違いで破局してしまったようだ」(映画業界関係者)

 昨年4月期は日本テレビ系ドラマ「母になる」に主演。

 出演映画は2月に「不能犯」が公開され、今後は「猫は抱くもの」、「食べる女」、「億男」が公開を控える。

 「彼氏がいる時は大人しくしていたようだが、もともとはクラブ好き。夜な夜な飲みに出かけるようになると、仕事に影響しそうだが、過去の失敗で懲りているので、もう無茶はしないのでは。とはいえ、どんな新恋人ができるかが非常に気になるところ」(芸能記者)

 まだまだ公私ともに注目を浴びそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ