ジャニーズのカレンダーの“利権”を発端に、因縁の「新潮」VS「文春」が激化する?

芸能ニュース 2018年10月18日 12時30分

ジャニーズのカレンダーの“利権”を発端に、因縁の「新潮」VS「文春」が激化する?画像はイメージです

 今年5月に華々しくCDデビューを果たしたジャニーズ事務所の人気グループ「King & Prince(以下キンプリ)」の来年度のカレンダーが、「週刊新潮」の発行元である新潮社から発売されることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 大手出版社は軒並み週刊誌を発行しているが、ジャニーズ事務所のグループのカレンダーをめぐる“利権”を与えられた出版社は、所属タレントの痛烈なスキャンダルを掲載しないのが暗黙のルールと言われてきた。

 2018年度は、Hey! Say! JUMPのカレンダーが「女性セブン」・「週刊ポスト」を発行する小学館、Kis-My-Ft2が「フライデー」・「週刊現代」を発行する講談社、Sexy Zoneが「フラッシュ」・「女性自身」を発行する光文社に割り振られている。

 「ジャニーズは『週刊女性』を発行する主婦と生活社とは絶縁状態。そのほかでは『週刊文春』の発行元の文芸春秋、そして『週刊新潮』の発行元の新潮社とは“天敵”のような関係性でした」(週刊誌記者)

 ところが、9月末「週刊新潮」に突如、年内いっぱいで芸能活動から身を引き、今後は同事務所のタレント育成やプロデュース業などに専念することを発表した滝沢秀明のインタビュー記事が掲載されたのだ。

 そして、その内容は、先だって発売された「週刊文春」の記事を真っ向から否定するような内容だったのだ。

 発売中の「週刊文春」によると、カレンダーの契約がまとまったのは滝沢のインタビューの掲載号の発売直後。そして、同誌の取材に対するジャニーズ事務所の回答によると、新潮社がティーン向けのファッション誌「nicola」などを発行していることから選ばれたというのだが…。

 「ジャニーズとしては、『文春』でスキャンダルを連発され頭を抱えていた。そんな中、新潮社はオピニオン誌『新潮45』が休刊するなどかなりの苦境。そこで、ジャニーズが出した“助け舟”に新潮社が乗ってしまったようだ」(出版業界関係者)

 今後、ジャニーズタレントのスキャンダルをめぐる「文春」VS「新潮」のバトルが激化しそうだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事

『バイキング』の“反・石野卓球”攻撃はなぜ…ピエール瀧被告との2ショット写真への反応に注目
2019年04月26日 11時55分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る