【週刊テレビ時評】主役が綾瀬はるかから西島秀俊にすり替わったNHK「八重の桜」は低迷脱せず! テレ朝 「相棒」は20%超えで幕

芸能ニュース 2013年03月26日 15時30分

【週刊テレビ時評】主役が綾瀬はるかから西島秀俊にすり替わったNHK「八重の桜」は低迷脱せず! テレ朝 「相棒」は20%超えで幕

 NHK大河ドラマ「八重の桜」(日曜日午後8時〜8時45分)に異変が起きた。事実上の主役が山本八重役の綾瀬はるかから、八重の兄・覚馬役の西島秀俊にすり替わってしまったのだ。

 同ドラマは初回(1月6日)21.4%(視聴率は以下すべて関東地区)で好スタートを切った。第2話から第5話までは18%台をキープしていたものの、第6話(2月10日)で15.3%と急落。第7話(同17日)で17.5%と持ち直したものの、第8話以降低迷。第10話(3月10日)では最低の12.6%を記録していた。

 低迷するなかで、制作側は方向転換を図ってか、第12話(同24日)では主役の綾瀬の出演シーンを大幅に減らし、西島の出演場面が圧倒的に多かった。「蛤御門の戦い」と題された同話は戦のシーンが大半だった背景もあるが、綾瀬が登場したのは序盤と終盤だけで、出演時間は10分にも満たなかった。主役の出演時間がこれだけしかないなど、通常考えられない話だ。

 しかし、その策も実らず。第12話の視聴率は13.9%と、第11話(同17日)の14.3%から、さらに落とした。第6話以降、女子フィギュアやWBC関連中継と重なったため、視聴率は低かった。だが、先週は強力な裏番組もなく、日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は休止された。代わりに放送された「ザ!鉄腕!DASH!! DASH島に春が来た!3時間SP」(午後7時〜9時54分)は15.3%で、それほど高かったわけではない。それでも、13.9%しか獲れなかった同ドラマの先行きが不安視される。

 また、視聴率推移もさることながら、今後、綾瀬と西島の出演時間の配分がどうなるかも注目されるところ。

 テレビ朝日系列「相棒season11」最終回スペシャル(第19話=同20日午後8時〜10時9分)は20.7%で、今シリーズでは初の大台超え。「とんび」(TBS系列/内野聖陽主演)最終話(同17日)がマークした20.3%を抜いて、今クールの民放地上波の連続ドラマで最高となった。全19話の平均視聴率は17.3%で、前シリーズの平均16.6%を上回り、安定した人気ぶりを示した。

 先週は多くの冬ドラマが最終回を迎えたが、いずれも低調。「夜行観覧車」(TBS系列/鈴木京香主演/金曜日午後10時〜)最終話(第10話=同22日)は13.9%で、全話平均は11.6%。「最高の離婚」(フジテレビ系列/瑛太主演/木曜日午後10時〜)最終話(第11話=同21日)は12.7%で、全話平均は11.8%。

 「サキ」(フジテレビ系列/仲間由紀恵主演/火曜日午後10時〜)=平均9.6%、「あぽやん〜走る国際空港」(TBS系列/伊藤淳史主演/木曜日午後9時〜)=平均8.8%、「dinner」(フジテレビ系列/江口洋介主演/日曜日午後9時〜)=平均9.5%と、全話の平均で2ケタにも乗らなかった。
(坂本太郎)

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る