ガッキーもびっくり! 大ヒットケータイ小説「恋空」にパクリ疑惑

芸能ニュース 2007年12月13日 15時00分

ガッキーもびっくり! 大ヒットケータイ小説「恋空」にパクリ疑惑

 新垣結衣(19)主演の大ヒット中の映画「恋空」の原作であるケータイ小説「恋空」にパクリ疑惑があるという。映画化の過程の中で明らかになったそうなのだが…。
 「恋空」のパクリを疑惑を報じているのは、きょう発売の「週刊文春」。同誌によると、そもそも「恋空」の作者である美嘉という女性が実在するかどうかも疑う人がいるそうだ。
 ケータイ小説「恋空」は昨年10月にスターツ出版から発売され、今年の書籍売り上げランキングの単行本・文芸部門(トーハン)で第1位。05年12月に、携帯電話の無料ホームページ作成サイト「魔法のiランド」の小説コーナーで掲載が開始され、延べ読者数が1200万人で、書籍化する前から絶大な人気があったという。
 さて、「恋空」のパクリ疑惑だが、単行本発売直後に浮上。なんでも昨年7月にKKベストセラーズから発売された井上香織氏の「さよならの向こう側」という小説にストーリーが酷似しているそうだ。

 以下、同誌が指摘している類似点を抜粋すると、
●主人公がレイプもしくはレイプ未遂の被害を受けており、恋人とのセックスの際にその記憶がフラッシュバックする。
●主人公と恋人が知り合った時期に「放課後の高校図書館」が登場する。
●主人公と恋人だけの特別な存在を供養するための「思い出の場所」がある。
●主人公が死んだ恋人を思う場面で、二羽の生き物が飛んでいるシーンがある。(「さよならの向こう側」は蝶、「恋空」は鳥)

など。ほかにも類似点が数多く指摘されており、要は全体のプロットがほとんど同じなのだ。
 このパクリ疑惑はフジテレビが「恋空」の映画化をスターツ出版に打診したのと同時期に、「さよならの向こう側」の映像企画がフジに持ち込まれ、担当プロデューサーが話の類似に気づいたのがきっかけ。「さよならの向こう側」側がスターツ出版、「魔法のiランド」に抗議したが、最終的にTBSが「恋空」を映画化することに決まった際、このトラブルも解決していたという。その背景には有力芸能事務所の仲裁があったようで、パクリ疑惑は結局うやむやに終わっている。
 最近、やたらとはやっているケータイ小説だが、同誌で出版関係者が言うには「内容はレイプ、難病ものばかり。投稿サイトだけならまだいいが、出版する場合は、出版社が事前に入念なチェックをする必要がある」。
 そもそも小説「恋空」は作者・美嘉の実話というのが売りだったはず。それがこんなに話が似ているというのは、なんとも不思議な話ではある。

ピックアップ

水野真紀に出馬説が浮上? 夫の結婚詐欺疑惑報道で支援者から要請の可能性
2018年11月15日 22時00分 [芸能ニュース]

芸能ニュース新着記事

BTSに続き、今度はTWICEが問題Tシャツ着用? 出演したCMに原爆イラスト疑惑も
2018年11月15日 18時00分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る