トライアウト未受験の大物戦力外選手 松中信彦と井川慶の去就は

スポーツ 週刊実話 2015年11月23日 14時03分

 11月10日に今年度の12球団合同トライアウトが静岡県草薙球場行われた。40余名の選手が再起を懸けて、実戦形式のシート打撃を行った。トライアウト後ににオファーを受けた選手もいるが、大半は今も“連絡待ち”の状況だという。
 「元広島の栗原、元オリックスの坂口といった選手は、トライアウトを受けずに新天地への移籍が決まりました。“待つ”だけで決まるのは実績のあるベテランだけ」(スポーツライター・美山和也氏)

 しかし、実績があっても決まりそうにないベテランも出てきた。松中信彦(41)と井川慶(36)だ。
 「松中に関してはソフトバンクが引退セレモニーの用意もしていました。それを断り、現役にこだわっての退団(自由契約)です」(ベテラン記者)

 その退路を断っての再スタートを影ながら応援しているとされるのが、王貞治会長だ。王会長は自身の古巣である巨人に松中獲得の打診を入れたとも目されていたが、いまのところ、そういった動きはない。
 「高橋由伸新監督の弟分だった脇谷が巨人帰還を決めたため、左の代打をこれ以上抱えてもあぶれてしまう。巨人も世代交代を掲げているだけに、40歳を超えたベテランは獲得しにくい」(同)

 打線強化なら、楽天と広島も考えられたが、両球団と松中を繋ぐ人脈はない。しかも、楽天は前広島の栗原を獲得。今後、松中獲得の可能性があるとしたら、王会長と繋がるDeNAの高田繁GMが浮かぶが、そういった動きは一切聞かれない。
 ダイエー時代にホークスのフロントマンを務めていた瀬戸山隆三氏がオリックスの本部長に転じているが、こちらもそういった声は聞かれない。

 一方で、井川はどうか。
 「井川も引退危機と言っていい。井川をかわいがっていた岡田彰布氏がいまの阪神と話ができるのかどうか…。和田豊監督の時代に、井川をトレードで獲得しようと阪神が検討したのは本当です。その時点で井川の古巣帰還が叶わなかったということは、戦力としてダメだしをされたからでしょう」(球界関係者)

 井川はもしかしたら今回、アメリカでの経験が生きるかもしれない。
 「井川は米球界に在籍した時期も長いので、代理人に移籍先を探させる手段も心得ているはずです。米独立リーグでもいいと割り切れば、なんとかなるのでは」(同)

 一方で、「松中のほうがなんとかなるのではないか」の声も聞かれた。ソフトバンク内部に松中の去就を心配する声があり、日増しに強くなっている。平成になってから唯一の三冠王であり、このまま去就が決まらなければ、「その功績に相応しいフィナーレの場を用意すべき」だという。
 「FA、トレード、外国人選手の獲得などチームの補強が終わるのは12月半ば。この時点で松中のもとにオファーがなければ、ソフトバンクが『もう一度話し合いたい』と連絡をすると聞いているが」(同)

 現役を引退した選手のほとんどがセカンドキャリアで悩む。一流の選手になればなるほど、自身の引き際が難しいというわけか…。

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る