「親から教育受けなかったのか」志らく、『表現の不自由展』批判 津田大介氏の出演実現にはカラクリが?

芸能ニュース 2019年10月09日 17時30分

「親から教育受けなかったのか」志らく、『表現の不自由展』批判 津田大介氏の出演実現にはカラクリが?立川志らく公式ツイッターより https://twitter.com/shiraku666

 落語家で情報ワイドショー番組『グッとラック!』(TBS系)でメインMCを務める立川志らくが、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」内の企画「表現の不自由展・その後」が8日に再開したことについて、反対する姿勢を見せた。

 9日放送の『グッとラック!』には「あいちトリエンナーレ」芸術監督の津田大介氏がVTRを通じ生出演。その中で志らくは再開について反対の姿勢を示し、その理由について「陛下の写真を踏みにじるような、それが表現の自由だと。それは果たして芸術なんですか?」と津田氏に問いかける形で明らかにした。

 さらに志らくは津田氏に「いろんな理由をつけて、『それも表現』だと言って大勢の人の前でその人の親や子供の写真を破く、あるいは子供の虐待の映像を見せて『これも芸術だ』と、こういうことをやり始めたら? 自分の親の写真を焼いたり踏んだりするのが『芸術だ』と言われたら」と質問。これに津田氏は、作品の文脈はきちんとしていると強調しつつ、「自分が不快になるかということと別に、表現の自由のひとつだと思っています」と回答していたが、志らくは首をかしげつつ、「やりたいんだったら自分のお金でやればいいんじゃないですか? なんで税金使ってやるんですか?」となおも疑問を投げかけていた。

 志らくは放送後、ツイッターを更新。「表現の不自由展で素直に感じたこと」とし、「やっていいことと悪いことがあると子供の頃に親から教育を受けなかったのかなあ」と変わらず批判する姿勢を見せ、ツイートには賛同の声が多く集まっていた。

 しかし、実は『グッとラック!』の初回に当たる9月30日放送回で文化庁が補助金の交付をしないことを発表したことに対し、「政治家たちの芸術に対する認識の低さが招いた悲劇」と文化庁側を批判。「不愉快なものを含めて、それが芸術」としていた。

 しかし、この日一転して「表現の不自由展」を批判したことに対し、ネットからは「初回の放送は津田大介をおびき出すワナだった…?」「津田をおびき出す仕掛けのための発言だったのか」と想像する声が相次いだ。

 さらに賛否が出そうな「表現の不自由展」。今後も注目したい。

記事内の引用について
立川志らく公式ツイッターより https://twitter.com/shiraku666

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る