search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 元KAT-TUN田口淳之介スピード復帰に批判も、致し方ない事情があった?

元KAT-TUN田口淳之介スピード復帰に批判も、致し方ない事情があった?

pic pic

画像はイメージです

 元KAT-TUNの田口淳之介が音楽活動再開を発表し、話題となっている。田口は5月に大麻取締法違反容疑で、内縁関係にある女優の小嶺麗奈とともに逮捕された。10月21日に懲役6か月、執行猶予2年の判決が言い渡されていた。今回の活動再開は判決から約2週間のスピード復帰となる。

 田口は自社レーベルから、11月7日に楽曲『Voices』を配信でリリースし、12月には毎年恒例のファンミーティングも予定している。田口はオフィシャルサイトに寄せたリリースニュースにコメントを寄せ、「僕の新たな1歩を刻む楽曲が完成しました。協力してくれた仲間や支えてくれるスタッフに本当に感謝しています。力強い踊りで何事にも立ち向かう強さを表現しました。歌と共に僕からのメッセージを受け取って下さい」とポジティブな語りを見せている。ただ、特に事件に対する反省や言及は見られない。

 これを受け、ネット上では「待ってました。ファンミーティングも行きます」「これは嬉しいニュース」といったファンの声が聞かれる一方で、判決から2週間でのスピード復帰に「まったく反省していなさそう」「また逮捕されたら音楽のイメージが悪くなるからやめて欲しい」「せめて年明けにして欲しかった」といった否定的な声が聞かれた。

 だが、今回のスピード復帰は、本来7月に予定されている判決が延期された背景もある。その理由は、先ごろ報じられた捜査機関の映像提供問題が絡んでおり、田口に非はない。そのため、「7月から準備をしてたら、今くらいに復帰でもおかしくない」「やっぱりアーティストだからすぐにアウトプットしたかったんじゃない?」といったファンの肯定的な声も聞かれた。

 さらに、12月に予定されているファンミーティングはKAT-TUN時代から続けているイベントの一つであり、その場だけの秘密の話が出され、その内容が口外されないことで知られている。あらためて謝罪や、シークレットな話が出る可能性があり、その内容にも注目が集まっている。田口は内縁関係にある小嶺に法廷でプロポーズしたことでも知られるが、ネット上では「プロポーズの件もファンにきちっと説明して欲しい」といった声が聞かれ、気になるポイントであるようだ。

 賛否両論あるが、ひとまず田口の復帰は順調に滑り出したとも言えそうだ。

記事内の引用について
田口淳之介のオフィシャルサイトより
https://junnosuke-t.com

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ