球界因縁のライバル(15)〜森VS長嶋(上) あと一歩だった「森・巨人監督」が夢と消えたワケ

スポーツ 2009年06月15日 15時00分

球界因縁のライバル(15)〜森VS長嶋(上) あと一歩だった「森・巨人監督」が夢と消えたワケ

 西武監督から巨人監督へという、広岡達朗氏の野望は、頼みの参謀・森祇晶氏がポスト広岡として西武新監督に就任したために、夢と消えた。しかし、歴史は繰り返すか。西武で常勝監督の名をほしいままにした森氏にとっても悲願だった巨人監督就任は、一度は内定しながら急転してご破算になっている。「森が監督になるのなら、絶対に辞めない」という長嶋監督の体を張った続投宣言の前に巨人側、森氏が腰を引いたからだ。

 1998年のシーズン中、9月初旬のことだった。「長嶋監督勇退、巨人来季監督に森氏決定」の報道が流れた。巨人の系列スポーツ紙までが後を追い「巨人監督に森氏」と1面で報じた。ひと足先の新聞辞令で、本来ならば決定だ。ところが、長嶋監督が激怒した。「ふざけるな。森が巨人の監督なんてとんでもない。巨人の監督にはそれなりにふさわしい品格が必要なんだ。オレは絶対に辞めないぞ、森が後任ならば」。長嶋監督はなんと異例の居座り宣言をしたのだ。
 「森だと、冗談じゃない。長嶋の言うとおりだ。巨人の監督には品格が必要だ。森など失格に決まっているだろう」。大物OBたちも一斉に長嶋監督続投擁護に回った。
 それでも長嶋勇退、森新監督は球団の規定路線だった。ところが、世論を恐れた森さんが逃げてしまったんだ。藤田さんにはON解任の後に2度も監督を引き受けた男気があったが、森さんにはなかったということだろうね」。当時の事情に詳しい球界関係者はこう述懐する。

 V9巨人のチームメートだった森氏を、長嶋氏はなぜここまで嫌うのか。「二枚舌くらいなら許せる。ウソも方便だ。オレだって時には二枚舌を使うことくらいはあるよ。でも、森のは三枚舌だからね。球界では見たことがないよね。信用できないよ」と語ったことがある。
 広岡氏と悪くない関係にある長嶋氏にとって、広岡氏を裏切るような形で、ポスト広岡として西武監督に就任したような森氏の行動が許せないのだろう。よりによって、そんな森氏が長嶋氏の後任として巨人監督になることなど、何があっても認められない。長嶋氏の不退転の決意を感じ取った森氏は退却するしか道はないと決断したのだろう。
 森氏からすれば、再びの屈辱になった。「サッカー界がプロのJリーグを立ち上げる。それに対抗するにはカリスマのある長嶋監督の復帰しかない」と読売新聞社・渡辺恒雄社長(現巨人球団会長)が断を下し、巨人に復帰した長嶋監督は、就任2年目の94年に森監督率いる西武を破って自身初の日本一に輝いている。その日本シリーズの最中に、東京ドームのバックスクリーンの電光掲示板に「西武・森監督勇退」のニュースが流れたのだ。「あのやり方はないぞ」。屈辱を噛みしめた森氏。森新監督を潰した一方の長嶋氏の方は意気揚々としていた。
 「読売首脳の誰が森といつどこで接触、合計何回会ったかも全部知っているよ。証拠はある。メモを残してある」と。第一次政権の時には、ドンと呼ばれた元V9監督の川上哲治氏の介在がウワサされた、80年10月21日の電撃解任劇。今度は長嶋氏自らが阻止したのだ。

関連画像
  • 球界因縁のライバル(15)〜森VS長嶋(上) あと一歩だった「森・巨人監督」が夢と消えたワケ
ピックアップ
スポーツ新着記事

イチロー「3月22日引退」米報道いよいよ日本球界復帰①
2019年02月16日 17時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る