search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション(8/4札幌・8/3新潟)

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(8/4札幌・8/3新潟)

【今週の注目馬】

☆メリディアンローグ

 2019年8月4日(日)札幌第5R芝1800m戦に出走予定のメリディアンローグ。馬名の由来は「ならず者の頂点」。牡、黒鹿毛、2017年3月27日生。美浦・藤沢和雄厩舎。父ディープインパクト、母ジョリージョコンド、母父Marju。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は山本英俊氏。半兄には17年札幌2歳S(GIII)で2着があり、3勝を挙げているファストアプローチ(父Dawn Approach)がいる。本馬はディープインパクト産駒らしい柔らかさとバネがあり、手先が軽く弾むようなフットワークで、飛びが大きくブレが少ない走り。追い切りでは3頭併せの真ん中を進み、外から来られるとスッと反応し最先着。反応の良さと負けん気を見せた。凛とした顔立ちから操縦性も高そうだ。なお、鞍上はC・ルメール騎手。

☆シンハリング

 2019年8月3日(土)新潟第5R芝1600m戦に出走予定のシンハリング。馬名の由来は「母名より+リング。様々な宝石が似合うリングのようになってほしい」。牝、青鹿毛、2017年1月18日生。美浦・国枝栄厩舎。父ダイワメジャー、母シンハディーパ、母父ウォーエンブレム。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はDMMドリームクラブ。伯父には11年ラジオNIKKEI杯(GIII)を勝ったアダムスピーク(父ディープインパクト)や、叔母には16年マーメイドS(GIII)を勝ったリラヴァティ(父ゼンノロブロイ)、16年優駿牝馬(GI)を勝ったシンハライト(父ディープインパクト)など活躍馬がズラリ。本馬はダイワメジャー産駒らしい見栄えのするトモを持ち、バランスの良い牝馬としては迫力のある体付き。祖母の産駒は父の良さを出すタイプで、本馬の母も父の良さを出すタイプだろう。父から非凡なスピードを受け継いでおり、距離はマイル前後で活躍しそうだ。なお、鞍上はM・デムーロ騎手。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ