芸能界10大ニュース2015 その4 次回作に多大なるプレッシャーがかかる芸人初の芥川賞作家・又吉直樹

芸能ネタ 2015年12月24日 17時00分

芸能界10大ニュース2015 その4 次回作に多大なるプレッシャーがかかる芸人初の芥川賞作家・又吉直樹

 「まさか、今年を代表する文学作品になるなんて、あの時点では誰も思っていなかった」(大手出版社の編集担当者)

 今年を振り返り、まさに“サプライズ”的なメガヒットとなったのが、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の処女作「火花」(文芸春秋)だった。

 もともと、又吉は芸能界きっての読書家として知られ、過去にエッセーなどを多く執筆。12年4月には「別冊文芸春秋」に自伝的短編小説「そろそろ帰ろかな」を発表していた。そんな経緯もあり、1月発売の文芸誌「文学界」2月号(文芸春秋)に芸人の「僕」を主人公に、先輩芸人の再起と挫折を描いた400字詰め230枚の中編小説として掲載。すると、同誌は82年前の創刊以来、初の増刷となるなど人気に火が付き、3月に単行本が発売し増刷を重ねた。

 人気のみならず、文学作品としても評価が高く、5月に選考会と発表が行われた、「第28回三島由紀夫賞」の候補作に。受賞は逃したものの、今度は「芥川賞」の候補作にノミネートされ、ついには芸人としては史上初めての栄冠を獲得。周囲に“火花特需”をもたらした。

 「版元の文芸春秋は受賞作の全文を掲載した月刊誌『文芸春秋』がバカ売れしたり、同社のドル箱作家・村上春樹の売り上げをはるかにしのいだりでウハウハ。又吉の印税は基本的に所属の吉本興業に入るので吉本も大もうけ。相方の綾部祐二は又吉の“太鼓持ち”に徹してオファー増。芥川賞をW受賞した羽田圭介氏も『又吉じゃない方』として一躍注目を浴びテレビに引っ張りだことなった」(同)

 結局、「火花」は220万部以上を売り上げ、映像化も決定。又吉は次回作に執筆に取り掛かっていることもあかしているのだが…。

 「『なんであんなのに取らせたのか』という文壇のお偉方からの厳しい意見もある。一方、お笑い界の大御所からは『芸はまだまだなのに…』という声も。売れた分、やっかみも多く、次回作には相当なプレッシャーがかかるはず」(芸能記者)

 次回作が大いに注目される。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事

不倫に厳しいご時世で名誉挽回の機会を与えられなかったフジ・秋元アナ
2019年06月26日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る