ビートたけし、今後は文学界へ?海外からもオファー

芸能ニュース 2018年03月23日 23時10分

ビートたけし、今後は文学界へ?海外からもオファービートたけし

 3月末で所属事務所「オフィス北野」から独立する、タレントのビートたけしの書き下ろし小説「ゴンちゃん、またね。」が「週刊文春」3月22日号に掲載されている。

 分量は原稿用紙80枚相当。自ら描いた挿絵2点も掲載した。小説家志望のアルバイト・則之と愛犬ゴンの間に起きる事件を描いている。

 たけしは4月、愛人でビジネスパートナーの女性と設立した新事務所「T.Nゴン」に移籍する。愛人の存在は以前、同誌が報じていた。

 新事務所の名称が「たけし(T)」、「則之(N)」、「ゴン」を指していることもあり注目された同作。たけしは「犬の思い出と現代人の孤独が繋がった時に作品が生まれたと思う。こんな時代だし、大人のメルヘンとして読んでもらえたらありがたいな」とコメントした。

 「映画監督・北野武として世界的に名が知られるたけしだけに、海外の出版社からも翻訳作品を出版するオファーが届いているようです。おそらく、事務所移籍に際して自らが味わったであろう孤独感もつづっています。動物を飼ってかわいがったことのある人にとっては、涙腺が刺激される作品。まずは、無難なターゲット層を狙って書いたのでは」(出版関係者)

 昨年9月、たけしは純愛小説「アナログ」(新潮社)を上梓。今年4月以降、映画製作から小説執筆にシフトチェンジする意向であることが報じられているが、どうやら、あの芸人から猛烈に刺激を受けたようだ。

 「『火花』で芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹です。金には困っていないたけしですが、又吉の受賞のニュースを見て『オレも1回ぐらい、あんなのほしいな』と周囲に話していたのだとか。話題性は十分。今後、たけし作品も賞レースに絡んで来そうです」(テレビ局関係者)

 出版不況と言われて久しいが、たけしが文学界の“起爆剤”となりそうだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る