【平成芸能事件史】美人女優の自宅で映画監督が自殺!いったいなぜ?

芸能ネタ 2019年05月06日 23時00分

【平成芸能事件史】美人女優の自宅で映画監督が自殺!いったいなぜ?荻野目慶子

 平成時代が始まって2年後の1990年4月。当時の全マスコミを震撼させた奇妙な事件が発生した。

 映画『南極物語』『海潮音』などの出演で知られる美人女優・荻野目慶子(当時25歳)の住んでいる自宅マンションで40代の男性が首を吊り、死亡した状態で発見されたのだ。

 荻野目の自宅で自殺していたのは、当時43歳の映画監督・河合義隆氏であった。若い荻野目の自宅で、中年の映画監督である河合氏が何故死んでいたのかについて、当時の週刊誌から大きく注目され、様々な憶測を呼んだ。

 その後、荻野目の証言から、河合氏と荻野目は5年に渡る不倫関係にあったことが明らかとなり、河合氏が自死を選んだ理由は、荻野目から別れ話を切り出されたことに関し、ショックを受けたためということがわかった。

 河合氏は、元はフジテレビディレクターだったが、その後若くして独立して制作プロダクションを設立。そして、フリーの立場でTBSのドラマ 『幕末青春グラフィティ 福沢諭吉』(1985年)の演出を担当し、ここで当時20歳の荻野目と知り合った。

 河合氏には当時、妻と子供がいたが、不倫関係は5年も続き、最終的には荻野目の自宅に河合が転がり込むことになり、別居状態が続いていた。

 荻野目も最初は河合との関係を楽しんでいたが、不倫関係ということもあり、別れ話を切り出したところ、河合氏は「別れるぐらいなら死にたい」と泣きながら懇願されたという。

 そして、河合氏は荻野目の留守中、台所とリビングの間のドアにマフラーをかけて首を吊り死亡。河合氏の変わり果てた姿を最初に発見したのは荻野目であった。

 荻野目は本事件に関してショックを受け、記者会見には出席できず、代わりに妹の荻野目洋子が会見を行うなどした。

 自殺事件の後、荻野目はしばらく芸能活動を休止。そのまま引退も噂されたが、2000年頃から演技派女優として2時間ドラマを始め、数多くの作品に出演するようになり、2012年には一般男性と結婚。現在は主婦業の傍ら、女優活動も続けている。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る